銃は”所持し続けること”の方が難しい『銃所持許可の更新・失効・取消し』

 長きに渡る銃所持許可の試練を超え、「ねんがんの”銃”をてにいれたぞ!」と、喜びに湧きたつ気もわかります。しかし銃は”所持すること”以上に、”所持し続けること”の方が大変だったりします。そこで銃所持編最終話となる今回は、銃を所持している人は必ず理解しておかなければならない、銃の管理について解説をします。

この記事の3つのポイント

  1.  所持許可が失効すると、50日以内に銃を手放さないといけない。

  2.  所持許可の有効期限は『3回目の誕生日』まで。引き続き所持したい場合は『3回目の誕生日の3か月前から2カ月前』の間に、更新申請を行う。

  3.  猟銃所持者は、併せて火薬類の管理についても理解しておく


所持許可の失効

  1. 自己の意思に基づいて、所持しないことにした場合
  2. 許可を受けた日から3か月以内に銃を所持しなかった場合
  3. 所持者が死亡した場合
  4. 銃を不正に、または同一性を失わせる程度に改造した場合
  5. 違法な所持又は不正な携帯や運搬を理由に提出を命ぜられた場合、又はこれらが裁判の結果没収された場合
  6. 日本体育協会などの推薦を受けて許可を受けた者が、推薦を取り消された場合
  7. 更新を受けなかった場合

 銃所持者が、まず覚えておかないといけないのが、許可の失効(効果がなくなること)についてです。所持許可が失効する項目については、上記7項目になります。それぞれ詳しく見ていきましょう

1.「銃はもういらない」となったとき

 銃所持者が「銃はもういらないや」と思ったときは、生活安全課で許可を抹消することで、所持許可は失効します。抹消手続きは、銃砲店に銃を売却、または廃棄を依頼する場合は、銃砲店が代理で手続きをしてくれます。個人で銃を他の所持者へ譲り渡す場合は、所轄の生活安全課に出向き、許可事項抹消申請書を提出して自分で抹消の手続きを行います。
 銃の登録が抹消され、所持許可証に記載された銃が0になった場合は、所持許可証を公安委員会に返納します。銃砲店で手続きをする場合は、銃砲店が代わりに許可証を返納してくれます。個人で手続きをした場合は、所轄の生活安全課に銃砲刀剣類所持許可証等返納届出書を提出して返納します。

2.許可が下りて3か月以内に銃を所持しなかった場合

 前回の【4:銃所持許可申請】でも触れましたが、所持許可証を受け取ってから3か月以内に銃を所持しなかった場合、その許可は失効します。
 当然ですが、所持する銃は、所持許可申請を出した銃と同じものでないといけません。姿形がまったく同一の銃であっても、銃に刻印された銃番号が別なので検査時にバレます。

3.銃所持者が死亡した場合

 銃所持者が死亡した場合、その人の所持許可全てが失効します。なので 死亡届出義務者(家族や親族、保佐人、家主など)は、本人が死んでから10日以内に、生活安全課へ所持許可証を返納しに行かなければなりません。銃は50日以内に銃砲店へ譲り渡します。手続きがわからない場合は、公安委員会がその銃を引き取る場合があります。
 銃に関する処理は、事前に家族などに伝えておく必要があります。何も知らない家族が“遺品”だと思って銃を捨てたり持ち続けたりすると、違法になるので注意しましょう。

4.銃を大きく改造した場合

 銃は銃砲店に依頼することで改造できます。銃を改造したら、生活安全課で検査を受けて所持許可証の内容を書き換えないといけないのですが、このとき全長や銃身長が大きく変わった場合、「別の銃」として新しく所持許可を受けなおすように言われる場合があります。この場合、所持許可が失効するので、50日以内に所持許可申請をし直さなければなりません。
 なお、所持許可証の内容が書き換わる改造(例えば銃身を切り詰めたり、銃床を短くしたり)は、自分の手で行ってはいけません。これは武器等製造法という法律で制限されており、改造は必ず武器等製造の届け出をした銃砲店などで行うことになっています。

5.銃の違法な管理で、提出が命じられた場合

 銃の所持や携帯、運搬で違法が指摘された場合、公安委員会は所持者に対して、銃の提出を命じることがあります。このとき、違法性の是非に関わらず所持許可は失効します。なお提出が命令されなかったとしても、裁判の結果で銃が没収された場合、所持許可は失効します。

6.日本体育協会等の推薦が取り消された場合

 10歳から18歳未満の年少者が標的射撃用に銃(ハンドライフル・エアライフル、エアピストル)を所持する場合、エアピストルは日本体育協会の、ハンドライフルとエアライフルは都道府県体育協会の推薦状が必要になります。これらからの推薦が取り消された場合、年少者が持つ銃の所持許可は失効します。

所持許可の更新

 銃の所持許可は取得すれば永久に有効というわけではなく、更新をする必要があります。更新には所持許可申請時と同じく、猟銃等講習会とクレー射撃による講習の修了証明書が必要になるので、その準備も済ませておかなければなりません。

所持許可の有効期限は『3回目の誕生日』まで
銃の更新申請

 銃所持許可の有効期限は、『3回目の誕生日』までとされており、これを過ぎると所持許可は失効します。よく『所持許可の有効期間は3年間』と勘違いしている人がいますが、それは違います。例えば所持許可を受けた日が誕生日の前日だった場合は、1回目の誕生日が翌日に来るので、所持許可の有効期間は『2年と1日間』になります。

更新期間は『3回目の誕生日の3か月前から2カ月前』

 有効期限を過ぎても同じ銃を所持したい場合は、所持許可を更新します。更新申請の受付期間は『3回目の誕生日の3か月前から2カ月前』とされており、この期間中に所持許可申請と同じ書類を提出して更新申請をします。
 更新申請期間を過ぎた場合、その銃はもう更新はできず、3回目の誕生日の日に失効します。もし再び同じ銃を所持したいのであれば、失効後に新しく所持許可を申請します。この場合、『ライフル銃10年縛り』のカウントダウンはリセットされるので注意しましょう。
 なお、所持許可の失効後50日以内であれば合法的に所持できるので、銃をわざわざ銃砲店に譲り渡す必要はありません。しかし新しく所持許可が下りる間は、その銃で射撃や狩猟はできません。

更新期間の例外
罹災時の銃所持更新

 所持許可の更新申請期間は上述の通りですが、病気や災害、海外出張などのやむおえない理由がある場合は、期間を過ぎても更新ができる場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

経験者講習と技能講習

 更新申請には、所持許可申請時に提出した、猟銃等講習会と教習射撃の修了証明書が必要になります。しかしこれらの有効期限は3年間と1年間なので、新しく受けなおす必要があります。
 すでに銃を所持している人が受け講習会は、猟銃等講習会(経験者講習)になります。この経験者講習には、初心者講習のような講義や考査は無く、「銃所持者としての心構え」や「事故防止のための注意事項」などの解説が主になります。時間も初心者講習が8時間あるのに対し、経験者講習は3時間程度で終わります。
 実技に関する講習は、技能講習と呼ばれます。教習射撃との違いは、自分が所持している銃で講習を受けることで、弾も事前に自分で買って持っていきます。

講習は早めに受けておくこと!

 猟銃等講習会(経験者講習)と技能講習は、都道府県ごとに毎月1、2回のペースで開催されます。すなわち、これらへの受講は少なくとも更新申請期間中よりも前に済ませておかなければなりません。
 「更新期間に入ってから、更新の準備を始めればいいや~」なんて思っていると、講習修了証明書が手に入らずに、そのまま失効してしまう可能性があるので注意しましょう。特に技能講習(講習費:12,300円)の方は、所持している銃が失効すると参加自体ができなくなるため、また教習射撃(講習費:30,000円+教習資格認定申請:8,900円)を受けなおす羽目になります。

所持許可の追加

 銃を追加で所持したい場合、現在持っている所持許可証に追加する形で、所持許可を受けることができます。申請に必要な書類は、初めての1丁を申請したときと同じですが、許可証が発行されない分、手数料は6,800円と少し安くなります。

銃を追加する目的は何か、考えておく

 これは法律で決められているわけではないのですが、銃を追加で所持する場合、「なんで銃を増やす必要があるのか?」を必ず聞かれます。このとき、ちゃんとした理由や目的を言えないと、所持許可が下りない場合があるので注意しましょう。
 「ちゃんとした理由や目的」とは、例えば「1丁目は狩猟用(半自動式)で、2丁目はクレー射撃用(上下二連式)」といった感じです。所持する銃が2丁目の場合は「1丁目のメインの銃が故障したときの予備」と言えば、大抵は認めてくれるはずです。

追加した更新年度を合わせる

 銃を隔年で追加した場合、更新期間は銃によってバラバラになるので、申請の手間がかかります。そこで2丁目からの銃の更新は、有効期限を1年分短縮する形で、1丁目の銃の更新年度に合わせることができます。更新年度を合わせると、医師の診断書の提出や、面談の回数が1回で済むようになるので、更新の手間が大きく削減されます。
 ただし更新年度を全ての銃で合わせておくと、万が一更新期間を過ぎてしまった場合、全ての銃が失効します。こうなると技能講習を受けられなくなるので注意しましょう。

所持許可の取消し

 銃の所持許可を受けた人が、銃刀法や火薬類取締法などに違反した場合や、欠格事項に該当するようになった場合は、所持許可が取消しされます。所持許可が取り消された場合、銃は公安委員会から提出が命じられて仮領置されます。
 なお、違法行為により取消を受けた場合、絶対的欠格事項の基準により、一定期間所持許可を受けられなくなります

『ねむり銃』による取消し

 許可を受けた目的に3年以上使用された実績が無い場合、その銃は「ねむり銃」と判断されて、所持許可が取り消される可能性があります。銃の使用実績は、更新申請時にクレー射撃のスコアカードや、射撃場のレシートを添付することで確認されます。よって、これらの書類は捨てずにとっておきましょう。

火薬類の管理

 猟銃の所持者は、銃の管理だけでなく、火薬類の管理も行わなければなりません。そこで、火薬類の購入や消費、管理、運搬などについても、理解しておきましょう。

火薬類の購入

 猟銃用火薬類(実包など)を購入する場合は、事前に所轄の生活安全課で猟銃用火薬類等譲受許可証の交付を受けます。この許可証を、火薬類を扱っている認定販売店(銃を一緒に扱っているお店は『銃砲火薬店』と呼ばれる)に提出すれば、記載されている量の範囲内で火薬類を購入できます。

 なお、1回の申請で何発の購入許可を受けられるかは、銃の使用実績によって増減します。初心者は標的射撃目的なら800発まで購入できるのが一般的なようです。また、この許可証の有効期限は1年間です。期限が切れた場合は、購入できる残弾数が残っていても、購入許可証は失効します。

火薬類の消費

 実包(空包を含む)は、狩猟の場合は 1日に 100発まで標的射撃の場合は400発までしか発射できません。この数を超えて実包を消費する場合は、公安委員会から猟銃用火薬類等消費許可を受けなければなりません。
 厳しい決まりのように思えますが、狩猟で1日に100発発射する機会なんてまずありません。またクレー射撃においても、400発撃つには1日に16ラウンド、トラップ競技で最大まで弾を消費したとしても8ラウンドをこなさなければなりません。消費については、一応知識として覚えておきましょう。

火薬類の保管
火薬の種類
保管の上限
実包と空包の合計
800発
無煙火薬と黒色火薬の合計
5kg
猟銃用雷管
2000個

 自宅の装弾ロッカーで保管できる猟銃用火薬類の量は、上表のように上限が決められています。もしこれを超えて保管する場合、敷地内に“火薬庫”を作らないといけません。
 また猟銃用火薬類は、購入してから1年間保管しておくことができますが、1年を超えた場合は、遅延なく銃砲火薬店などに譲渡するか、廃棄の手続きをとらなければなりません。狩猟をメインにする人の場合は、弾の買い置きが必要になりますが、クレー射撃をメインにする人は、あらかじめ弾の消費量の目星がつくので、できるだけ「必要な弾の数だけを購入して、すべてを射撃場で使い切る」ことを心がけましょう。
 装弾ロッカーの鍵は、ガンロッカーと同様に自身の手で管理しなければならず、他人に鍵をあずけたりすると違反になります。また火薬類は、18歳未満の人に取り扱いをさせてはいけません

火薬類の廃棄と譲渡

 有効期限の過ぎた猟銃用火薬類や、“不発”を起こした実包を廃棄する場合は、銃砲火薬店に持ちこんで処分を依頼します。処分料は銃砲火薬店により異なりますが、1発十数円かかります。
 なお、火薬類を一般ごみなどに紛れ込ませて捨てては絶対にいけません。ゴミ集積場から銃の弾が発見されるケースは過去に何度もあり、火薬類等取締法違反の事件となったこともあります。
 使用しなかった火薬類は、他の人に譲渡することができます。ただしこの場合、相手の猟銃用火薬類等譲受許可証(狩猟の場合は無許可譲受証)に貰い受けた数を書き込み、自分の許可証には譲り渡した数を書き込みます。両者の帳簿は整合性が取れていなければならず、また、相手の銃に適合する実包(火薬)でないとやり取りはできません

実包の製造

 実包や空包を製造する行為は、製造許可を受けた業者でなければ行えません。しかし、1日に100個以下であれば、許可を受けずに個人で製造することが認められています。これはハンドロード(手詰め)と呼ばれており、個別に購入したケースとワッズ、火薬、雷管を組み合わせて、専用の器具(ハンドローダー等)を使って製造します。

 ハンドロードは、狩猟をする人や、ライフル射撃をする人の間で良く行われています。しかしクレー射撃を専門に行う人の場合は、自分で製造するよりも安くて信用性の高い弾が販売されているので、工場で製造された弾(ファクトリーロード)を購入して使うのが一般的です。

管理帳簿の作成

自宅で保管している猟銃用火薬類は、銃用雷管・猟用火薬管理帳簿(実包等管理帳簿)を作成して管理します。この帳簿は銃砲の検査時に提出しなければならないため、正確に作成しましょう。

帳簿は、特に決められた書式はありませんが、保管している弾や火薬の種類、個数(重量)を明記します。消費した場合は、いつ、どこで、どのくらい消費したかを明記します。帳簿は手書きでなくてもよいので、Excelなどのフォーマットをダウンロードして使い、印刷して提出するのがお手軽です。

火薬類の輸送

 猟銃用火薬類を持ち運ぶときは、専用のジェラルミンケースや、鍵付きのアンモボックスに収めて、他の荷物と混包しないようにしましょう。銃と一緒のケースに入れておくと、万が一盗難が起こったとき、すぐに犯罪に使用される危険性があるので厳禁です。
 また、各公共交通機関の運行規定(鉄道運輸規定、旅客自動車運送事業運輸規則など)により、運搬できる猟銃用火薬類の量が下記のように決まっています。ただし、会社の規定によっても異なるため、事前に確認しておきましょう。

交通機関の種類
運搬の上限
列車空包の合計200個以内
無煙火薬類等の合計1kg以内(容器等を含める)
銃用雷管400個以内
バス実包と空包の合計50個以内
船舶実包と空包の合計200個以内
猟用装弾400個以内
無煙火薬類等の合計1kg
飛行機猟銃用火薬類5㎏以内(手荷物不可)

おわりに

 今回は、『銃所持の失効・更新・取消し』について解説しました。これにて、銃の所持に関するお話は一通り終了です。事故や違反の無い射撃ライフを楽しみましょう!



エアライフル販売中
_________________________________