カモ撃ちをはじめよう!

 狩猟には、イノシシやシカの巻き狩りや、罠猟、網猟、猟犬を使役したキジ撃ちなど、多様なジャンルがあります。そのなかでも人気が高いのが、マガモやカルガモなどのカモを銃で捕獲する“カモ撃ち”です。ここでは、カモ撃ちについて、必要な装備や作戦の立て方、回収、カモの解体方法などをご紹介しています。

ショットガンナーとエアライフルマン
 マガモやカルガモなどの水鳥を銃で捕獲するカモ撃ちは、大物猟と対をなす狩猟におけ一大カテゴリーです。しかし、カモ撃ちは大物猟のように教えてくれる人は少なく、どのように行えばいいのか判らない人も多いかと思います。そこで今回はカモ撃ちの概要につ ...
続きを読む
鴨猟の格好
 河川や野池など、水辺での行動が主になるカモ撃ちでは、山の中を歩き回る大物猟とは違った服装や装備が必要になります。そこで今回は、カモ撃ちにおける最適な服装と、最低限持っておくべき装備について見ていきましょう。 この記事の3つのポイント カモ ...
続きを読む
カモ撃ち
 日本のカモ撃ちでは「獲物の死角から近づいて撃つ『奇襲』」か「獲物の油断している距離から撃つ『狙撃』」の2パターンが主な作戦になります。今回はこの作戦を立てるコツについて、詳しく見ていきましょう。 この記事の3つのポイント  奇襲作戦は猟場 ...
続きを読む
カモキャッチャーを投げる
 当然ですが、カモ撃ちは獲物を撃つだけでなく、回収ができて初めて“成功”です。そこで今回は、撃ち落としたカモの回収方法と、回収した獲物の下処理について、お話しをしたいと思います。 この記事の3つのポイント  落ちた場所が遠くて回収できないと ...
続きを読む
 捕獲したカモは、野外で羽剥き・腸抜きまでの下処理を行い、なるべく冷やして持ち帰りましょう。丸鳥(下処理済のカモ)の解体には色々ありますが、今回はニワトリの解体でも使われる“八落し”という方法をご紹介します。 この記事の3つのポイント  鳥 ...
続きを読む