ウィンチェスターM1200

実銃紹介

ウィンチェスターM1300

タイプ手動式散弾銃(ポンプアクション)
メーカー

(M1200)オリン・マシソン・ケミカル


(M1300)U.S.リピーティングアームズ

製造年(M1200)1964年 – 1981年
(M1300)1978年 - 2006年
中古相場10万円 ~
解説 ウィンチェスターM1200は、1968年にウィンチェスター社の西部事業部であったオリン・マシソン・ケミカル社が開発したポンプアクション式散弾銃。前モデルのウィンチェスターM1912を、軽量かつ安価に製造できるよう改良を施し、M12と同様に狩猟用途のみならず、アメリカ軍や警察、ホームディフェンス用として幅広く利用されていた。
 M1200の特徴は、銃身の先端(チョーク)がネジ止め式になっており、猟場によってチョークを交換(例えば、獲物が遠い猟場ではフルチョーク。獲物との距離が近い猟場ではモデチョーク・・・など)ができることである。『Winチョーク』と名付けられたこの仕組みは、のちに「交換チョーク方式」として様々な散弾銃に採用されていった。
 M1200はM12やイサカM37と同様にコンバットモデルがある他、ニッケルメッキが施されたポリスカスタムや、廉価版のM120など、およそ39種類のバリエーションがある。なかでも各種改良を加えたM1300は、ポンプアクション式散弾銃の代表的存在・レミントンM870に匹敵するベストセラーとなった。M1200シリーズは2006年にライセンスを握っていたU.S.リピーティング・アームズ社が倒産したことで廃盤となったが、後にベルギーのFNハースタル社が商標権を購入し、2010年にはM1300のフルモデルチェンジ、ウィンチェスターSXPとして復活を果たした。

Gun娘紹介

ウィンチェスターM1200顔

ウィンチェスター家の末っ子。名門であったウィンチェスター家だが、父親の死後、母親が発狂したことが原因で一家離散となり、親戚のブローニング家に養子として引き取られた。平時は楽天的で明るい性格だが、過度なストレスを受けると荒れる母の姿をフラッシュバックするトラウマを持つ。



親族


友達

_________________________________