ウィンチェスターM1200

銃紹介

ウィンチェスターM1300
タイプ手動式散弾銃(ポンプアクション)
メーカー

(M1200)オリン・マシソン・ケミカル


(M1300)U.S.リピーティングアームズ

製造年(M1200)1964年 – 1981年
(M1300)1978年 - 2006年
中古相場10万円 ~
解説 ウィンチェスターM1200は、1968年にウィンチェスター社の西部事業部であったオリン・マシソン・ケミカル社が開発したポンプアクション式散弾銃。前モデルのウィンチェスターM1912を、軽量かつ安価に製造できるよう改良を施し、M12と同様に狩猟用途のみならず、アメリカ軍や警察、ホームディフェンス用として幅広く利用されていた。
 M1200の特徴は、銃身の先端(チョーク)がネジ止め式になっており、猟場によってチョークを交換(例えば、獲物が遠い猟場ではフルチョーク。獲物との距離が近い猟場ではモデチョーク・・・など)ができることである。『Winチョーク』と名付けられたこの仕組みは、のちに「交換チョーク方式」として様々な散弾銃に採用されていった。
 M1200はM12やイサカM37と同様にコンバットモデルがある他、ニッケルメッキが施されたポリスカスタムや、廉価版のM120など、およそ39種類のバリエーションがある。なかでも各種改良を加えたM1300は、ポンプアクション式散弾銃の代表的存在・レミントンM870に匹敵するベストセラーとなった。M1200シリーズは2006年にライセンスを握っていたU.S.リピーティング・アームズ社が倒産したことで廃盤となったが、後にベルギーのFNハースタル社が商標権を購入し、2010年にはM1300のフルモデルチェンジ、ウィンチェスターSXPとして復活を果たした。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » ウィンチェスターM1200