ターハント RSG

実銃紹介

ターハントRSG

タイプボルトアクション式ライフルド散弾銃
メーカー

ターハント

製造年1990年 - 現行
中古相場20万円 ~(35万円)
解説 ターハントRSGは、1990年にアメリカの銃器メーカー・ターハント社から発売されたスラッグ専用ボルトアクション式散弾銃である。この銃はもともと、後のターハント社の創業者であるランディ―・フリッツが、1970年代から1980年代にかけてアメリカの銃器メーカー・マクミラン社などからアドバイスを受けて開発したセルフカスタムの銃をベースとしている。散弾用の銃身(スムースボア)にライフリングが刻まれた”ライフルドショットガン”として商品化されたRSGは、1992年に開かれたアメリカの巨大銃器展示会”ShotShow”に出品して「史上最高のライフルドショットガン」と高く評価された他、2009年にはField & Streamマガジンの『ベストオブガンデザイン50』に選出されるなどで注目を集めた。ターハント社は創業当時の1990年代まではアメリカの小さな新興ガンメーカーであったが、現在ではアメリカだけでなく、ヨーロッパやアフリカ、また日本に輸出するなど、事業を拡大させている。
 RSGは銃身にライフリングが刻まれているが、散弾実包を発射するため、その分類は”散弾銃”である。しかし日本国内では、銃身に半分以上のライフリングが刻まれている場合”ライフル銃”の扱いになるため、輸入のさいにライフリングを半分以下に削る追加工が施されて流通している。なお、RSGは”Rifled Slug Gun”の頭文字である。

Gun娘紹介

ターハントRSG

サーベラス重工業に務めるキャリアウーマン。同じくサーベラス重工業に務めるレミントンM700の部下であり、型破りな彼女の手綱を握る女房役でもある。仕事一筋に生きてきたので趣味といえるものが無く、異性との出会いが無いことを気にしている。休日は友人のM1100の家を訪れ、幼い子供の面倒を見て心の隙間を埋めている。


友達

_________________________________