SKB M800

実銃紹介

SKB800

タイプ上下二連式散弾銃
メーカー SKB工業
製造年1969年 – 2000年代
中古相場7万円 ~
解説 SKB800は、1969年に日本のSKB工業から発売された上下二連式散弾銃。SKB工業は、明治3年(1870年)に水戸藩の鉄砲鍛冶であった坂場志業さかば むねなりが設立した『阪場銃砲器』をルーツとしており、1961年に坂場(SaKaBa)の文字を社名に入れて再編された銃器メーカーである。SKB工業の製造する猟銃は、1960年代当時、猟銃が大量に売れる好景気の時代においても、妥協をゆるさない銃砲工芸の粋を尽くす銃器メーカーとして評判が高く、特にSKB800は”メイドインジャパン”の粋な姿を見せる名銃として知られていた。
 SKB工業は1979年に、アメリカ市場への足掛かりだったイサカ社が倒産したことで徐々に経営が悪化し、2009年に廃業した。またSKB工業の分社で、「アポロ」の名で知られる装弾メーカーの旭エスケービーも、2018年に事業から撤退したことで、140年以上続いた”坂場(SKB)”のブランドは事実上消滅した。しかし、日本人に愛され続けてきたSKBブランドの猟銃は未だ銃砲市場に多く出回っており、特にSKB800はクレー射撃の入門モデルとして支持され続けている。

Gun娘紹介

SKB M800

かつては大手貿易商社に勤める凄腕のビジネスウーマンだったが、体を壊してからは会社を辞めて、今は小さなスナックを経営している。会社員時代の人脈と人柄の良さで店はそれなりに繁盛しており常連客も多い。



友人

_________________________________