サベージ 220F

実銃紹介

サベージ220F
サベージ220F

タイプボルトアクション式ライフルド散弾銃
メーカー

サベージ・アームズ

製造年2018年 - 現行
中古相場15万円 ~(17万円)
解説 サベージ220Fは、2018年にアメリカ、サベージ・アームズから発売されたボルトアクション式散弾銃である。サベージ社は1894年にアーサー・サベージによってアメリカ・ニューヨーク州に設立された銃器メーカーで、世界初の無鶏頭(ハンマーレス)レバーアクション式ライフル銃『サベージM99』を始め、ライフルと散弾銃が合体したコンビネーションガン『サベージM24』、17口径バーミント(小口径)ライフル『サベージM93R17』など、数々の名銃を生み出した老舗である。
 サベージ220は、1971年に発売されたポンプアクション式散弾銃『テッド・ウィリアムズM200』をベースに、サベージ社の主力商品である『サベージM110ボルトアクション式ライフル』のノウハウを融合して設計された、ボルト式散弾銃である。下二桁の”20”は「20番口径散弾実包を使用する」ことを示しており、ほぼ同時期に12番口径タイプの「サベージ212」もリリースされている。220・212は共に、平滑銃身(スムースボア)だったが、ユーザーの「平滑銃身でライフル弾を撃ち出したい」という要望に応えるかたちで、平滑銃身にライフリングを刻んだライフルドショットガンモデル『220F』が追加された。
 220Fは散弾実包を発射するため、国際的には”散弾銃(ショットガン)”に分類される銃である。しかし日本においては、銃身の半分以上にライフリングが施されている場合、”ライフル銃”とみなされる法律があるため、220Fは輸入後にライフリングを半分以下に削り取る追加工が施されている。また銃砲所持許可においても『散弾銃及びライフル銃以外の猟銃』という不思議な枠組みに分類されている。

Gun娘紹介

サベージ220F

セミプロのスーパーモトスポーツチーム『A.W.サベージズ』のクルー。タイヤ交換の腕にかけてはピカイチの技能者だが、元はレーサー志望で、自分の限界を知り引退した。バイク仲間のベネリSL80と仲がいい。モタードの練習後には、必ず 仲間とラーメンを食べに行く。


友達

_________________________________