レミントン M1100

実銃紹介

レミントンM1100

タイプ半自動式散弾銃(ガスオペレーション式)
メーカー レミントン・アームズ
製造年1963年 - 現行
中古相場3万円 ~(21万円 ※M11-87)
解説 レミントンM1100は、1963年にアメリカの大手銃器メーカー、レミントン・アームズ社から発売された半自動式散弾銃である。おおもとの設計は1956年に発売されたガスオペレーション式散弾銃・レミントンM58と、1958年のM838であるが、これらは発射時に強い反動が生じるという欠点を持っていた。そこでM1100ではガスポートの構造やリコイルスプリングを見直し、反動を極力抑えるよう改善が加えられた。またM1100は、M870と同様に大量生産ができる削り出し加工技術により、従来の半自動式散弾銃よりもはるかに安く製造することができた。これらの長所と、同時期に発売されたプラスチック製装弾ケースの普及により、M1100はおよそ50年で400万挺を売り上げるという『世界で一番売れた散弾銃』となった。
 レミントンM1100はM870と同様に、狩猟用・クレー射撃用に加え、様々な用途で使われており、およそ35ヵ国で警察用・軍事用として正式採用されている。またバリエーションも豊富で、ベーシックな12番口径タイプから、16番と20番(1964年)、410番(1969年)、20番軽量化LWモデル(1970)などが存在する。さらに1987年には、M1100を軽量化したうえ強装弾(マグナム)からスポーツ用24g実包までを発射可能にしたM11-87、M11-87をさらに軽量化したM11-96のマイナーチェンジが登場した。

Gun娘紹介

M1100

レミントン家の長女。妹はM870。フジスーパーオートと同じ学校に務める教員。優しく生徒たちに人気が高いが、若かりし頃はかなりやんちゃであった。結婚してから長く子宝にめぐまれなかったが、近年、V3、ベルサマックスという2人の子供をもうけた。


親族

友達

_________________________________