ミロク 7000SP

銃紹介

ミロク7000SP

タイプ上下二連式散弾銃
メーカー ミロク製作所
製造年1990年代 - 現行(?)
中古相場17万円 ~
解説 ミロク7000SPは、1992年ごろにミロク製作所が開発した上下二連式散弾銃。しばしば銃砲店では『ニッサンミロク7000SP』と名札がかけられているが、これはミロク製作所の元販売会社のニッサンミロク社から発売されていたためであり、ミロク7000SPと同じものである。
 7000SPの”SP”は”スポーツ”の略であり、その名の通りクレー射撃に特化した造りになっている。他のモデルとの大きな違いは交換型チョーク・可変型チークパッドなどが採用されている点で、トラップ・スキート・ラビットなど、この一挺であらゆる競技に対応できるようにできている。7000SPにはミドルグレードのG.1とハイグレードのG.3があり、グレードが上がるとトリガーシステムや機関部の造りが精密になり、銃床の材質も高級になる。また、7000SPにはRP(リムーバブルプレートシステム)と呼ばれるグレードもあり、好みに応じて2種類のサイドプレートを付け替えることができる。オールマイティーに活用できることは、プロシューターにとってはどっちつかずな特徴になってしまうが、趣味で色々な射撃を楽しみたいファンシューターにとっては、魅力的なモデルだといえる。
Gun娘ミロク7000SP

あわせて読んでもらいたい記事

ベレッタAL300アイキャッチ
ミロクMS2000アイキャッチ
ミロクM1800アイキャッチ
ミロクMSS20アイキャッチ


スポンサー広告