ミロク 7000SP

銃紹介

ミロク7000SP
タイプ上下二連式散弾銃
メーカーミロク製作所
製造年1990年代 - 現行(?)
中古相場17万円 ~
解説 ミロク7000SPは、1992年ごろにミロク製作所が開発した上下二連式散弾銃。しばしば銃砲店では『ニッサンミロク7000SP』と名札がかけられているが、これはミロク製作所の元販売会社のニッサンミロク社から発売されていたためであり、ミロク7000SPと同じものである。
 7000SPの”SP”は”スポーツ”の略であり、その名の通りクレー射撃に特化した造りになっている。他のモデルとの大きな違いは交換型チョーク・可変型チークパッドなどが採用されている点で、トラップ・スキート・ラビットなど、この一挺であらゆる競技に対応できるようにできている。7000SPにはミドルグレードのG.1とハイグレードのG.3があり、グレードが上がるとトリガーシステムや機関部の造りが精密になり、銃床の材質も高級になる。また、7000SPにはRP(リムーバブルプレートシステム)と呼ばれるグレードもあり、好みに応じて2種類のサイドプレートを付け替えることができる。オールマイティーに活用できることは、プロシューターにとってはどっちつかずな特徴になってしまうが、趣味で色々な射撃を楽しみたいファンシューターにとっては、魅力的なモデルだといえる。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » ミロク 7000SP