豊和工業 フジスーパーオート

銃紹介

フジスーパーオート
タイプ半自動式散弾銃(ガスオペレーション)
メーカー豊和工業
製造年1971年 - 1995年
中古相場6万円 ~
解説 フジスーパーオートは、1971年に豊和工業の散弾銃製造部門、フジ精機製作所が開発した国産第一号のガスオペレーション式散弾銃である。フジ精機製作所の前身である日本猟銃精器製作所は、1960年代にリコイルオペレーション式散弾銃(フジダイナミックオート)を発売して評判を得ていたが、レミントンM1100に代表されるガスオペレーション式の台頭によって深刻な販売不振におちいっていた。そこで日本猟銃精器製作所は、自衛隊の小銃等を製造している豊和工業との技術融合を図り、1971年にフジスーパーオートを生み出した。
 フジスーパーオートは、当時主流のレミントンM1100よりも軽量かつ動作性に優れていたことから、日本国内でまたたくまにヒット商品となり、S&W社やモスバーグ社へOEM供給が行われるなど、海外でも好調なセールスを記録した。しかし1990年代ごろから販売力が鈍化し、改良モデルのフジスーパー12を発売するも販売不振に歯止めがかからず、1995年に惜しまれながらも廃盤となった。
 半自動式散弾銃としては旧型と見なされているスーパーオートだが、現在でも中古市場に多数出回っており、メンテナンス性、軽量性、装填速度の速さなどの長所もあって、ベテランハンターを中心に猟銃として未だに高い人気を誇る。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » 豊和工業 フジスーパーオート