フランキ 48AL

銃紹介

フランキAL48

タイプ半自動式散弾銃(ロングリコイル式)
メーカー ルイージ・フランキS.p.A
製造年1948年 - 現行
中古相場5万円 ~
解説 フランキ48ALは、1948年にイタリアのピエトロ・ベレッタ社の傘下、ルイージ・フランキ社から発売された、20番径半自動式散弾銃。大枠の設計はブローニングオート5だが、機関部をアルミ合金で作るなどの軽量化が施されており、オート5よりも約6割(2.4kg)の重量となっている。フランキ48ALには3つのグレードがあり、鳥猟に適したフィールドモデル、ストックを短縮したショートストックモデル、銃床に”プリンス・オブ・ウェールズ”の称号が与えられた最高級ウォールナットモデルがある。
 軽量で持ち運びや取り回しがしやすく、海外では陸鳥猟(アップランド)によく用いられており、日本では銃を持って山を移動する勢子用の銃として人気がある。しかし軽量さのデメリットとして、射撃時の反動が大きく、スラッグ弾を発射すると反動で銃身が跳ね上がるので、連発するような狩猟スタイルには向かないことを理解して運用しなければならない。

Gun娘
フランキ48AL


あわせて読んでもらいたい記事

ブローニングAbort
ベレッタAL300アイキャッチ
ブローニングオート5アイキャッチ
M12キャッチ


スポンサー広告