フランキ 48AL

銃紹介

フランキAL48
タイプ半自動式散弾銃(ロングリコイル式)
メーカールイージ・フランキS.p.A
製造年1948年 - 現行
中古相場5万円 ~
解説 フランキ48ALは、1948年にイタリアのピエトロ・ベレッタ社の傘下、ルイージ・フランキ社から発売された、20番径半自動式散弾銃。大枠の設計はブローニングオート5だが、機関部をアルミ合金で作るなどの軽量化が施されており、オート5よりも約6割(2.4kg)の重量となっている。フランキ48ALには3つのグレードがあり、鳥猟に適したフィールドモデル、ストックを短縮したショートストックモデル、銃床に”プリンス・オブ・ウェールズ”の称号が与えられた最高級ウォールナットモデルがある。
 軽量で持ち運びや取り回しがしやすく、海外では陸鳥猟(アップランド)によく用いられており、日本では銃を持って山を移動する勢子用の銃として人気がある。しかし軽量さのデメリットとして、射撃時の反動が大きく、スラッグ弾を発射すると反動で銃身が跳ね上がるので、連発するような狩猟スタイルには向かないことを理解して運用しなければならない。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » フランキ 48AL