ブローニングシトリ

銃紹介

タイプ上下二連式散弾銃
メーカーミロク製作所
製造年1973年 - 現行
中古相場24万円 ~
解説 ブローニング・シトリは、高知県に本社を置く銃器メーカー&サプライヤー、ミロク製作所が製造する上下二連式散弾銃である。販売はFNハースタルグループ傘下のブローニングインターナショナル社が担っているため、ブランド名はB.C.mirokuではなく、”ブローニング”となっている。
 ブローニングシトリは、ブローニングスーパーポーズドで問題とされていた分解構造(テイクダウン)の複雑性を排し、コストダウンを施した廉価モデルとして開発された。基本的な連射システムはスーパーポーズドとほぼ変わり無いが、銃身内部へのクロム処理による表面強度の向上や、機関部パーツのブルーイング処理などの改良により、軽量かつ頑丈な造りになっている。商業的にもスーパーポーズドの後継として名に恥じない売り上げを記録しており、特に欧米での人気が高く、かのオバマ元大統領も愛用しているということで話題を呼んだ。
 ブローニングシトリには、現行の725シリーズを始め、CXシリーズ、ホワイトライトニング、グランライトニング、フェザーライトニングなど、多彩なカスタムモデルが存在する。また、廃盤となっている525・625シリーズなどや限定生産品を含めると、その数はおよそ100種類にものぼる。ちなみに「シトリ」という言葉の意味をめぐって海外では「日本の神様の名前だ!」や「TORIは英語でbirdだから、日本の有名な鳥の名前に違いない!」など、様々な憶測がされているが、実は特に意味があるわけではなく、ブローニング社が販促のために適当に付けた名前らしい。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » ブローニングシトリ