ブローニング オート5

実銃紹介

ブローニングオート5

タイプ半自動式散弾銃(ロングリコイル式)
メーカー

ブローニング・アームズ


FNハースタル ・他

製造年1902年 - 1998年
中古相場4万円 ~
解説 ブローニング・オート5は、天才銃器設計士・ジョンブローニングにより開発され、世界で初めて商業的に成功を収めた半自動式散弾銃である。射撃時の衝撃で銃身が大きく後退し、排莢・再装填を行うロングリコイル方式を生み出した銃としても知られている。
 ジョンブローニングは1898年にオート5の設計を完成させ、製造委託先を探していた。しかしアメリカ2大銃器メーカーであるウィンチェスター社、レミントン社との交渉に失敗し、結局、ベルギーに拠点を置くFNハースタル社で製造が開始された。その後、オート5の商業的成功に伴い、レミントン社よりレミントンM11としてライセンス生産された他、サベージ・アームズ社(サベージM720)、日本のシンガー日鋼(KFCパインオート)、ミロク製作所(ヤマモト・オートポインター)、さらに様々なメーカーからデッドコピー品が発売されたことで、半自動散弾銃の起点として、その名前が歴史に刻まれるようになった。
 1963年にレミントン社よりガスオペレーション式散弾銃、レミントンM1100が登場して以降、市場における覇権は弱まったものの、未だ国内外問わず中古中市場に多数出回っている。国内においては、4.1㎏と他の散弾銃に比べて重量があるため、山の中を動き回る大物猟には扱いずらいとされている。しかし、ガスオペレーション式に比べると発射速度が速い点や、ガス詰まりによる回転不良のリスクがないため、カモ猟を始めとした鳥猟において人気が高い散弾銃である。

Gun娘紹介

ブローニングオート5顔

ブローニング探偵事務所の所長。卓越した記憶力と分析力で、数々の難事件を解決した名探偵だが、仕事に対しては特段に熱意があるわけではなく、柳のように生きたいと思っている。いつでも・どこでも眠れることは、特技の領域。 ソファーをベッド替わりにしているため極度の猫背である。



友人

_________________________________