ベレッタ A300

銃紹介

ベレッタA300
タイプ半自動式散弾銃(ガスオペレーション式)
メーカーピエトロ・ベレッタ
製造年1968年 -1999年、2016年 - 現行
中古相場5万円 ~(24万円)
解説 ベレッタA300は1968年にイタリアの大手銃器メーカー、ピエトロ・ベレッタ社から発売された半自動散弾銃である。1959年に発売されたベレッタ社初のガスオペレーション式散弾銃・ベレッタM60、その改良型となるM61に続くモデルとして開発された。
 従来のガスオペレーション方式は、火薬量が少ない装弾(軽装弾)では動作が不完全になることや、未燃焼のススがガスポートを塞いで回転不良を起こすなどのトラブルがあった。しかしA300では、少ないガス圧でもピストンが動作する構造になっており、さらに、作動したピストンがガスポートを自動的に清掃するシステムを有していた。ガスオペレーション方式の散弾銃市場は、長らく1963年に発売されたレミントンM1100の独壇場であったが、A300は動作の信頼性とメンテナンスの簡単さで広く受け入れられるロングセラー商品となった。後にA300は、A301(1971年)、A302(1980年)、A303(1985年)のマイナーチェンジに加え、A304(1992年)のフルモデルチェンジ、マグナム実包モデルのA390(1994年)、A390を軽量化したAL390(1996年)と、多数のモデルバリエーションを生み出し、ベレッタ社を代表するマスターピースとなった。A300の開発は1999年で終了となったが、その設計思想はAL391シリーズへと受け継がれていくことになる。
 2016年には”A300アウトランダー”が発表されA300の名称が復活した。ただし、アウトランダーの設計はA400の系譜を組むもので、オリジナルのA300との互換性は無い。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » ベレッタ A300