ベネリ M4

銃紹介

ベネリM4

タイプ半自動式散弾銃(ガスオペレーション式)
メーカー ベネリ
製造年1999年 - 現行
中古相場中古稀 ~ (34万円)
解説 ベネリM4は1999年にイタリアの銃器メーカー、ベネリ社から発売された半自動式散弾銃。1980年代に登場した『ベネリM1・スーペル90』の設計をベースに、旧来のイナーシャオペレーション方式をガスオペレーション方式(自動調整式ガス作動式:A.R.G.O.システム)に変更した他、様々なアクセサリーを取り付けることができるピカティニーレールを標準搭載、機関部に軽量なアルミ合金を使用、などの改良を行ったフルモデルチェンジである。
 ベネリ社はM4が登場する以前まで、バイクメーカーとしての事業がメインであり、散弾銃メーカーとしてはマイナーな存在であった。しかし1999年に新開発のM4をアメリカ海兵隊のコンペティションに出品し、結果”M1014”という名で正式採用されることになってから、ベネリ社は散弾銃のメーカーとしても広く認知されるようになった。
 もともとベネリM4は軍用に設計されているため、日本で”猟銃”として所持できるモデルは、銃床をライフルストックにし、独立型ピストルグリップを一般的なピストルグリップにして流通している。ただし、ベネリMシリーズは過去に、弾倉を違法改造して摘発されたケースがあるため、都道府県によっては「猟銃に不適な散弾銃」として許可が下りないケースもある。所持許可を受ける場合は、事前に都道府県公安委員会へ伺いを立てておいた方が無難である。
Gun娘ベネリM4


あわせて読んでもらいたい記事

サベージ220FD
ベレッタAL391テクニスアイキャッチ
ベネリ121SL80
M12キャッチ


スポンサー広告