ベネリ M121 SL80

銃紹介

ベネリSL80

タイプ半自動式散弾銃(イナーシャオペレーション式)
メーカー ベネリ
製造年1960年代 - 1985年
中古相場10万円 ~
解説 ベネリM121-SL80は、1960年後期にイタリアのベネリ社から発売された半自動散弾銃である。ブローニングオート5のロングリコイル機構をベースに、1900年代に発明されたスェーデン・シェーグレン散弾銃のイナーシャオペレーション機構(慣性利用方式)を採用しており、旧式モデルベネリM121に続いてイナーシャオペレーション方式を採用した散弾銃の第三世代にあたる。
 長らくベネリ社の人気モデルとして販売されていたが、後に改良を加えられたM121-Super90(ベネリM1)の登場で一線を退いた。日本国内の中古市場で見かけることはまれだが、海外、特に中東やロシアでは、手ごろな散弾銃として未だに人気が高いようである。機関部に彫金を施した”SL80パッション”という上位モデルが存在する。
Gun娘ベネリM121SL80

あわせて読んでもらいたい記事

サベージ220FD
ベレッタAL300アイキャッチ
ベネリM4アイキャッチ
ブローニングオート5アイキャッチ


スポンサー広告