ヤマドリを食べよう

ヤマドリの肉

 鳥撃ちハンターの『最高峰のターゲット』と言えばヤマドリで間違いないでしょう。その評価は現在でも変わらず、ヤマドリを獲った写真をSNSにアップすれば、まちがいなく沢山の「イイね」がもらえるはずです。
 しかしヤマドリは、決して狩猟上級者でないと捕獲できないわけではありません。猟法によっては初心者でも捕獲できるという、狩猟者にとっては間取りの広いターゲットなのです。
 今回は、そんなヤマドリ猟とヤマドリ肉について、お話をしたいと思います。


この記事の3つのポイント

  1.  ヤマドリは山に住む鳥。キジに似ているが、キジは平地に住んでいる

  2.  ヤマドリ猟といえば超・高難易度の『沢下り撃ち』。ただし、ドライブのついでに獲れることもある

  3.  ヤマドリ肉の食味は、良くも悪くも「地鶏」。ただし、その感想は人によって変わる



スポンサー広告


ヤマドリってどんな動物?

 狩猟のことをまったく知らない人にヤマドリの話をすると、しばしば「それって何て名前の山鳥ですか?」と聞き返されることがあります。・・・いえいえ、「ヤマドリ」は正式な鳥の名前なんですよ。

ヤマドリの生態

 キジ目キジ科のヤマドリは、全長約120㎝の陸鳥です。同じキジ科の「キジ」にシルエットがよく似ていますが、キジは茂みの多い平地を好むのに対して、ヤマドリは山地に生息しています。そのため、古くは「ヤマキジ」と呼ばれることも多かったそうです。
 なお、ヤマドリのメスはキジのメスと同じく、狩猟鳥獣ではありません。猟期中のヤマドリはつがいで移動していることが多いため、誤って撃たないように注意しましょう。
 

ヤマドリの亜種

 日本国内には5亜種のヤマドリがおり、おおむね北緯35度以北(千葉より北)にヤマドリ、以南にシコクヤマドリ、四国などにウスアカヤマドリ、九州北部にアカヤマドリ、九州南部(宮崎県、鹿児島県)にコシジロヤマドリが生息しています。この中で、コシジロヤマドリだけは狩猟鳥獣ではないので注意が必要です。

ヤマドリの生息場所

 ヤマドリは、木の実から草の葉、ミミズ、トカゲ、ヘビといった小動物まで、あらゆるものを食べます。よって、食性による生息地の偏りはほとんどなく、針葉樹から広葉樹まで幅広い植生の山に生息しています。
 しかしヤマドリは『綺麗な水を飲用する』という習性があることから、必ず清流がある山に生息しています。また、『体が重く飛翔能力が比較的低い』という身体的特徴があるため、捕食者から逃れやすいように、うっそうと茂るヤブや、倒木、イバラが多い場所を好むとされています。

ヤマドリ猟

 一般的にヤマドリ猟といえば、優れた猟犬と忍耐を必要とするストイックな猟法の代名詞です。しかしヤマドリ猟には、初心者でも気軽にできる猟法というのも存在します。なぜこれほど差があるのか?それぞれの猟法について、お話をしましょう。

超高難易度の沢下り撃ち

 数ある鳥撃ちの中でも、最も豪快で難易度が高いと言われているのが、ヤマドリの沢下り撃ちです。これは、よく訓練された猟犬と共に山に入り、ヤマドリの臭いを取らせた後に放ちます。次に、ハンターは沢沿いの草むらに隠れ、ヤマドリが飛んで来るのをひたすら待ち続けます。
 普段は地面を歩いているヤマドリは、猟犬が近づいてくると、木の高いところにとまって様子を見ます。そして、猟犬の視線にしびれを切らしたヤマドリは、沢に沿って滑空をする習性があります。このとき、猛烈なスピードで滑空してくるヤマドリに対して、瞬時に反応して撃ち落とすというのが『ヤマドリの沢下り撃ち』と呼ばれる猟法です。

一方、簡単に獲れる猟法もある

 ヤマドリを待ち伏せている間は、火で暖を取ることもできず、真冬の谷風が吹きすさぶ中、身じろぎ一つせずにジッと獲物を待ち続けます。そんなストイックなヤマドリ猟の話を聞いた多くの狩猟初心者は、「そんなの絶対に無理!」と思われるはずです。

 しかしヤマドリは、沢下り撃ちでないと捕獲できないというわけではありません。なぜなら、ヤマドリは沢へ水を飲みにいくときに、決まったルートを歩いて移動するという習性があるため、林道を車で走ると「チョコチョコ」と歩いているヤマドリを見かけることがよくあるのです。
 しかもヤマドリは、キジと同じく危険を察すると身を屈ませるという習性があるため、場所さえ把握できていれば銃猟ハンターにとっては動かない的でしかありません。
 さらに、地域によっては放鳥されていることも多いため、人間に対する警戒心が非常に緩かったりもします。
 そのためヤマドリは、『暖房をきかせた車で林道ドライブをしながら探索し、ヤマドリがいたら車を下りて撃つ』という、ストイックさのかけらもない猟法で捕獲できたりもするのです。

ヤマドリ肉ってどんな味?

 ニワトリを始め、ウズラやシチメンチョウ、ホロホロチョウなど、キジ科に属する鳥は、どれも「美味しい鳥」として知られています。もちろんキジ科のヤマドリも例外ではありません。

他の食材をグレードアップさせる旨味

 ヤマドリ肉をひとことで表すなら「究極の地鶏」です。ニワトリよりもギュッと引き締まった肉からは、噛めば噛むほど旨味がにじみ出てきます。
 また、ヤマドリのガラで出汁を取ると、金色の脂がスープに溶け出し、5枚入り100円の薄っぺらい油揚げは旨味を吸い込んでフワフワに膨らみ、しなびた野菜はシルクのような輝きを放ちます。このようにヤマドリ肉は、他の食材に”旨味の息吹”を与える、霊鳥・フェニックスのような力を持っているのです。

良くも悪くも「地鶏」

 ヤマドリ肉は美味しい食材であることは間違いありません。・・・しかし、つまらないことを言ってしまうと、ヤマドリ肉の「美味しさ」はニワトリの延長でしかありません。
 数十年前以前であれば、日本にはまだ「地鶏」という食材は認知されておらず、ヤマドリの食材には特別な魅力があったはずです。しかし、近年はニワトリの品種が多様化しており、ヤマドリ肉に匹敵するニワトリ肉はいくらでも存在します
 これは個人的な感想ですが、食材としての「美味しさ」で評価をした場合、ヤマドリ肉は軍鶏(しゃも)やコーチンといった品種の肉に、まさる点はありません。

ジビエは『芸術』。評価は人それぞれである。

 それでは、「ヤマドリが狩猟のターゲットとしてつまらないのか?」と問われたら、「決してそういうわけでは無い」とお返しします。なぜなら狩猟は「美味しい食材を得る」ことが唯一の目的というわけではないからです。
 そもそもジビエは、その肉に「旨味があるのか・ないのか」、「栄養学的に優れているのか・劣っているか」、「市場価値は高いのか・低いのか」といった記号的な面で評価できる存在ではありません
 例えば、あなたが何度も『沢下り撃ち』に挑戦し、初めてしとめることができたヤマドリ肉は、間違いなく「人生最高に美味しい肉」になるはずです。また、初心者が偶然仕留めたヤマドリであっても、その肉は一生の思い出の味になるはずです。一方、お金を払って食べたヤマドリ肉は、おそらく「すごい地鶏」程度の感想しか持たれないと思います。
 このようにジビエは、どのように出会うかによって評価や感動が変化します。これはつまり、『ジビエを食べること』は単なる食事ではなく、芸術鑑賞に近い行為なのだといえます。

おわりに

 今回は『ヤマドリ肉』についてお話をしました。ヤマドリ猟には難易度が高い『沢下り撃ち』がある一方、初心者でも捕獲できるという両面性を持っています。
 あらゆるアプローチから得られるヤマドリ肉は、様々な芸術性を追求できるフトコロの深いキャンパスのような存在のように感じます。

それでは今回はこのへんで。


Author情報
東雲輝之

株式会社チカト商会の代表取締役兼、副業猟師。狩猟の継続発展・産業化・国際展開などを目標に事業展開をしています。 本人著書として『狩猟の教科書シリーズ』(秀和システム)、『初めての狩猟』(山と渓谷社)など。子育てにも奮闘中。

Twitter:東雲輝之



あわせて読んでもらいたい記事



今回のおすすめ商品