狩猟の世界へようこそ!『これから始める人のための狩猟の教科書』

 「狩猟」という言葉を聞いて、あなたは何を想像しますか?「大自然の中を駆けまわって獲物を追跡する」、「じっくりと狙いを定めて銃の引き金を引く」、「獲物の痕跡を探して罠をしかける」・・・。おそらく、「狩猟」という言葉のイメージは、人によって千差万別なのではないでしょうか?そこで今回は、初版2016年・改訂版2018年に、チカト商会の企画・制作で 上梓させていただきました 、『これから始める人のための狩猟の教科書』(秀和システム社)をご紹介します。

こんな人にオススメ

  1.  狩猟のことを、まったく知らない人。

  2.  自分に合った狩猟のスタイルを探したい人。

  3.  暇つぶしに面白そうな読み物を探している人。


Amazonでも販売中


狩猟の世界にようこそ!

 狩猟には、銃を使う猟法や、罠を使った猟法、山を駆けまわって獲物を追い詰める猟法、ジックリ待ち伏せをして獲物を待つ猟法など、実に様々なスタイルがあります。そこで本書では狩猟の世界を、散弾銃猟エアライフル猟ライフル猟わな猟網猟の5つに分類して、それぞれをオムニバス形式でご紹介しています。

 狩猟において“王道”とも呼べる定番のスタイルが、散弾銃(ショットガン)を使った散弾銃猟です。この世界では、『銃を持って野山を駆け巡り、獲物を捕獲する』という、アクティブでスリリングな狩猟スタイルです。さらに散弾銃猟では、猟犬と共に活動することで、狩猟の世界はさらに奥深いものになります。狩猟の魅力が凝縮した狩猟スタイルともいえるので、「とりあえず狩猟を始めたい」と思っている方は、まずはこの散弾銃猟から始めてみるのがオススメです。
 散弾銃猟は別の書籍で詳しく紹介しています。本書を読んで「もっと詳しく散弾銃猟のことが知りたい!」と思われた方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

銃猟の教科書アイキャッチ
 散弾銃やライフルといった装薬銃を用いた銃猟は、数ある中でも“王道”と言える狩猟の定番スタイルです。そこで今回は、2019年3月にチカト商会の企画・制作で上梓させていただきました、『これから始める人のための銃猟の教科書』(秀和システム社)をご紹介します。 ...
続きを読む

 「狩猟をもっと手軽に楽しみたい」という方にオススメなのが、エアライフル猟です。この猟法では、散弾銃猟のように山の中を駆け回ることも、特殊な装備も必要ありません。 狩猟をする場所は近場の田んぼや森林などで、使用する銃は発砲音が小さいエアライフルという銃なので、発射音で周囲に迷惑をかける心配がありません。日々忙しく休日ものんびり時間が取れない、サラリーマンや学生の方にもオススメの猟法と言えます。
  エアライフル猟は別の書籍で詳しく紹介しています。本書を読んで「もっと詳しく エアライフル猟 のことが知りたい!」と思われた方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

エアライフルの教科書アイキャッチ
  エアライフルを使用した狩猟は、散弾銃や罠などを使った狩猟よりも“手軽に楽しめる”として、近年人気が高まっているスタイルです。そこで今回は、2017年6月にチカト商会と、豊和精機製作所の佐藤一博様の共著で上梓させていただいた『これから始める人のためのエアライフル猟の教科書』(秀和システム社)についてご紹介します。 ...
続きを読む

 「静寂の中、銃を構え、スコープ越しに獲物を狙う・・・ッ!」。おそらく、多くの方がイメージされている狩猟は、このライフル猟のような張り付いた空気の中で獲物と対峙する真剣勝負なのではないでしょうか?この猟法で使用する猟具は散弾銃猟と同じ装薬銃と呼ばれる銃器ですが、散弾銃猟のスタイルよりも、高度な射撃のテクニックが求められます。狙うは一発必中!「スナイパー」と呼ばれる存在を目指しましょう。
 ライフル猟は散弾銃猟と同じく、こちらの書籍で詳しくご紹介しております。

銃猟の教科書アイキャッチ
 散弾銃やライフルといった装薬銃を用いた銃猟は、数ある中でも“王道”と言える狩猟の定番スタイルです。そこで今回は、2019年3月にチカト商会の企画・制作で上梓させていただきました、『これから始める人のための銃猟の教科書』(秀和システム社)をご紹介します。 ...
続きを読む

 わずかな獲物の痕跡を探り、次に現れる場所を予想して罠をしかける罠猟は、探偵と言えるほどの優れた分析力と想像力が求められる狩猟スタイルです。罠猟で使用するくくり罠箱罠といった猟具は、一見すると何の変哲もない道具のように思えますが、そこには厳しい自然界の中で使い続けるためのノウハウが精錬されたアイテムとなっています。
 罠猟は別の書籍で詳しく紹介しています。本書を読んで「もっと詳しく罠猟 のことが知りたい!」と思われた方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

罠猟の教科書アイキャッチ
 わずかに残された痕跡を調べ、罠を仕掛けて獲物を待つ。見えない獲物との真剣勝負を繰り広げるわな猟は、まさに“究極のアウトドア”と言える奥深い世界です。そこで今回は、2018年6月にチカト商会の企画・制作、有限会社オーエスピー商会の日和佐 憲厳様のご監修で上梓させていただきました、『これから始める人のためのわな猟の教科書』(秀和システム社)について、ご紹介します ...
続きを読む

 網猟で使用する猟具は、ただの網です。散弾銃やライフルのような強力な猟具ではなく、罠のように精錬された猟具でもありません。このような何の変哲もない網で獲物を捕まえるためには、なによりも獲物の習性を熟知して、その“裏”をかく必要があります。つまり網猟は、猟具の力に頼らず人間の知識と技術のみで獲物するという、野生動物との対等勝負になります。この網猟をマスターした人は、どの狩猟スタイルにも応用できる狩猟能力が身に付くはずです!

狩猟のターゲットを解説

 日本における狩猟で捕獲できる野生動物(狩猟鳥獣)は、獣類20種、鳥類28種の、合計48種になります。本書では、狩猟スタイルごとにメインターゲットとなる野生鳥獣の生態や特徴などをご紹介しています。

自然の恵み“ジビエ”を楽しもう!

 本書ではさらにジビエ料理もご紹介しています。定番のジビエであるイノシシやシカ、カモの料理はもちろん、カラスやヒヨドリといった普通では食べられない変わったジビエ料理もご紹介しています。

おわりに

 今回は、これから始める人のための狩猟の教科書についてご紹介しました。狩猟の世界は他のアウトドアと比べてはるかに広く・奥深いものになっています。そこで、「ひとまず狩猟の世界を網羅的に知りたい」という方にはオススメの一冊となっているので、ご興味のある方はぜひチェックをお願いします!

 また、狩猟の世界を網羅的に知りたい方には、山と渓谷社から出版されました『はじめての狩猟』もオススメです。こちらは様々な狩猟者のエピソードがふんだんに盛り込まれており、読み物としてとても面白い造りになっています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

はじめての狩猟アイキャッチ
「狩猟ってなんだか面白そう・・・だけど、何から始めたらいいかよくわかんない!」という方は、意外に多いのではないでしょうか?そのような人にオススメの書籍が、2019年3月に チカト商会の企画で上梓しました、 『はじめての狩猟』(山と渓谷社)です。今回はその内容について簡単にご紹介します。 ...
続きを読む


あわせて読んでもらいたい記事