ウィンチェスターM1912

実銃紹介

ウィンチェスターM1912

タイプ手動式散弾銃(ポンプアクション)
メーカー ウィンチェスター・リピーティングアームズ
製造年1912年 – 1980年
中古相場12万円 ~
解説 ウィンチェスターM1912は、1912年にアメリカの銃器メーカー、ウィンチェスター・リピーティングアームズ社から発売されたポンプアクション式散弾銃。ポンプアクション式散弾銃の傑作として名高いウィンチェスターM1897の改良型となるM12は、従来のポンプアクション方式で問題になっていた点を”完璧に改善した”として、発売当初から『パーフェクトリピーター』と呼ばれていた。さらにM12は、堅牢で故障が少ないことや、薬室閉鎖の安全性が高いこと、造りが単純で小さな不備(例えば撃針折れ)があっても弾を発射できること、などから、高い人気を呼んだ。
 散弾銃はもともと、カモなどの水鳥猟をする猟具だが、20世紀初頭のアメリカでは散弾銃を「悪漢から家族と財産を守る」ためのホームディフェンス用家具としても扱っていた。そのためM12は、第一次世界大戦からベトナム戦争初期まで、”兵士に扱いなれた銃”として戦場に多数導入され、このさい銃身を切り詰めて放熱ジャケットと銃剣を取り付けられるようにした”トレンチ”などのコンバットショットガンモデルも登場した。
 M12は発売から生産終了まで、11種類のカスタムモデルを含めて、およそ200万挺を売り上げるウィンチェスター社のベストセラー商品となった。しかし1950年代に低コストで生産できるレミントンM870に販売競争で負け、後釜をM1200にまかせる形で1980年に廃盤となった。現在の日本猟銃市場でも新銃を見ることは無いが、未だ中古市場に多く出回っているため、万が一故障したとしてもニコイチで十分に修理可能である。

Gun娘紹介

ウィンチェスターM12

ウィンチェスター家の三女。もとは淑女として社交界に出るような人柄だったが、一家離散の後はストリートギャングに落ちぶれた。現在はその腕っぷしを買われ、ブローニングオート5のもとで働いている。母親のM97と姉のM1897とは音信不通。妹のM1200とはたまに手紙をやりとりしている。


親族

友人

_________________________________