ウィンチェスターM1912

銃紹介

ウィンチェスターM1912
タイプ手動式散弾銃(ポンプアクション)
メーカー ウィンチェスター・リピーティングアームズ
製造年1912年 – 1980年
中古相場12万円 ~
解説 ウィンチェスターM1912は、1912年にアメリカの銃器メーカー、ウィンチェスター・リピーティングアームズ社から発売されたポンプアクション式散弾銃。ポンプアクション式散弾銃の傑作として名高いウィンチェスターM1897の改良型となるM12は、従来のポンプアクション方式で問題になっていた点を”完璧に改善した”として、発売当初から『パーフェクトリピーター』と呼ばれていた。さらにM12は、堅牢で故障が少ないことや、薬室閉鎖の安全性が高いこと、造りが単純で小さな不備(例えば撃針折れ)があっても弾を発射できること、などから、高い人気を呼んだ。
 散弾銃はもともと、カモなどの水鳥猟をする猟具だが、20世紀初頭のアメリカでは散弾銃を「悪漢から家族と財産を守る」ためのホームディフェンス用家具としても扱っていた。そのためM12は、第一次世界大戦からベトナム戦争初期まで、”兵士に扱いなれた銃”として戦場に多数導入され、このさい銃身を切り詰めて放熱ジャケットと銃剣を取り付けられるようにした”トレンチ”などのコンバットショットガンモデルも登場した。
 M12は発売から生産終了まで、11種類のカスタムモデルを含めて、およそ200万挺を売り上げるウィンチェスター社のベストセラー商品となった。しかし1950年代に低コストで生産できるレミントンM870に販売競争で負け、後釜をM1200にまかせる形で1980年に廃盤となった。現在の日本猟銃市場でも新銃を見ることは無いが、未だ中古市場に多く出回っているため、万が一故障したとしてもニコイチで十分に修理可能である。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » ウィンチェスターM1912