レミントン M870

実銃紹介

レミントンM870

タイプ手動式散弾銃(ポンプアクション式)
メーカー レミントン・アームズ
製造年1951年 - 現行
中古相場3万円 ~(15万円 ※グレードによって異なる)
解説 レミントンM870は、1951年にアメリカの大手銃器メーカー、レミントン・アームズ社から発売されたポンプアクション式散弾銃である。1931年に発売したポンプアクション式散弾銃レミントンM31をベースに改良をくわえたもので、単純な削り出し加工で大量生産ができるように設計されている。当初、イサカM37やウィンチェスターM1200などのライバルが市場を席巻していたが、M870は単純な構造で故障が少なく、なによりも他と比べて安価であったことから、またたくまに売り上げを伸ばし、わずか20年で200万挺を販売するベストセラー商品となった。
 レミントンM870は、もともと狩猟用にリリースされた散弾銃であったが、堅牢さと補修部品の多さなどの長所からアメリカ各州の警察に採用され、またベトナム戦争では軍用ショットガンとしても多数戦場に送り込まれた。以降も、オリジナルの系譜を組むウィングマスター、廉価版のエクスプレス、戦闘用に特化したブリーチャー、海上での使用に特化したマリーンマグナムモデルなど、信頼と実績から数々のモデルバリエーションを生み出し、60年以上たった現在においても新モデルが出続けている。

Gun娘紹介

M870

レミントン家の二女。姉はM1100。竹を割ったような性格で学校内での人気者。正式には水泳部だが、色々な部活から助っ人を頼まれる優れた運動神経を持つ。真面目な優等生だが、破天荒な友人たちに振り回されることも多い。同性から告白を受けることが多いが、本人にその気はない。


親族

友達

_________________________________