レミントン M870

銃紹介

レミントンM870
タイプ手動式散弾銃(ポンプアクション式)
メーカーレミントン・アームズ
製造年1951年 - 現行
中古相場3万円 ~(15万円 ※グレードによって異なる)
解説 レミントンM870は、1951年にアメリカの大手銃器メーカー、レミントン・アームズ社から発売されたポンプアクション式散弾銃である。1931年に発売したポンプアクション式散弾銃レミントンM31をベースに改良をくわえたもので、単純な削り出し加工で大量生産ができるように設計されている。当初、イサカM37やウィンチェスターM1200などのライバルが市場を席巻していたが、M870は単純な構造で故障が少なく、なによりも他と比べて安価であったことから、またたくまに売り上げを伸ばし、わずか20年で200万挺を販売するベストセラー商品となった。
 レミントンM870は、もともと狩猟用にリリースされた散弾銃であったが、堅牢さと補修部品の多さなどの長所からアメリカ各州の警察に採用され、またベトナム戦争では軍用ショットガンとしても多数戦場に送り込まれた。以降も、オリジナルの系譜を組むウィングマスター、廉価版のエクスプレス、戦闘用に特化したブリーチャー、海上での使用に特化したマリーンマグナムモデルなど、信頼と実績から数々のモデルバリエーションを生み出し、60年以上たった現在においても新モデルが出続けている。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » レミントン M870