ミロク MSS-20

銃紹介

ミロクMSS20
タイプボルト式散弾銃
メーカーミロク製作所
製造年1985年ごろ - 現行
中古相場16万円 ~ (32万円)
解説 ミロクMSS-20は、1985年ごろにミロク製作所から発売された20番口径のボルト式散弾銃。ミロク製作所は、1892年に土佐藩の鉄砲職人であった弥勒武吉を創業者とし、1966年からアメリカ・ブローニングアームズ社と提携してOEM生産を行う、老舗の銃器メーカー&サプライヤーである。
 ミロクMSS-20は、ブローニング社の開発したボルト式ライフル・ブローニングA-BOLTをベースに、『スラッグ弾(一発弾)特化の散弾銃』というコンセプトのもと開発が行われた。この散弾銃は、通常の散弾銃では考慮されていないバイブレーション対策(弾が銃身を通過するさいに発生する衝撃波による振動)や、機関部の耐久性、また、連射性能を落としてガタ付き(あそび)を抑えた造りになっており、一般的な散弾銃でスラッグ弾を撃つよりも、はるかに優れた精密性を実現することができる。実際に、スラッグ射撃競技大会で上位に入る銃は、ほぼMSS-20であり、その実力は他者を寄せ付けないものになっている。
 通常、散弾銃で精密性を極める射撃がしたいのであれば、銃身にライフリングを持つ”ライフルドショットガン(サボット銃)”を使うのが得策である。しかし日本の法律では「10年以上散弾銃を所持していないと、原則としてライフルを所持できない」という法律があるため、MSS-20は主に狩猟歴10年未満の国内のハンターを中心に人気が高い。また、日本の猟場は見通しの効かない森林山岳地帯での活動が多いため、万が一弾が外れて”流れ弾”になったとしてもライフル弾よりかは飛距離が短く安全性が高いとして、ベテランハンターに支持されることも多い。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » ミロク MSS-20