ブローニングスーパーポーズド

実銃紹介

ブローニングスーパーポーズド2

タイプ上下二連式散弾銃
メーカー FNハースタル
製造年1931年 - 1939年
1948年 - 1986年
中古相場希少
解説 ブローニングスーパーポーズドは、天才銃器設計士ジョン・ブローニングが人生最期に手掛けた上下二連式散弾銃である。20世紀初頭の当時、上下二連式散弾銃は、そのほとんどがヨーロッパの老舗銃器メーカーで製造された高級品であったため、とても庶民の手に届くような代物ではなかった。そこでジョンブローニングは設計方針を一から変えて、安価で丈夫な上下二連式散弾銃を生み出すべく、スーパーポーズドの開発に着手した。設計をスタートさせた当時、ジョンブローニングはすでに70歳を超えており、設計半ばで心臓発作によりこの世を去ってしまった。しかし残された設計は、ジョンブローニングの息子ヴァル・ブローニングに引き継がれ、1931年に発売されたスーパーポーズドはジョンブローニングの目論見通り、歴史的な販売数を誇る大ヒット商品となった。
 スーパーポーズドは価格だけでなく、『一つの引き金で上下どちらの銃身からでも弾を発射できる』という特徴も、大きなセールスポイントであった。従来の多銃身銃は、それぞれの銃身に引き金が付いており、水平二連式・上下二連式の場合は、引き金が2本付いている”両引き”と呼ばれる構造が一般的であった。しかしスーパーポーズドは、発射時の反動でセレクターと呼ばれる内部の振り子が動き、引き金とハンマーの連結が切り替わることで、引き金を二回引くと連射できるという特徴を持っていた。この”単引き”システムは、特に発射タイミングの正確性が肝となるクレー射撃競技において必要不可欠なメカニズムとなり、現在スポーティングに利用される散弾銃は、すべてがスーパーポーズドのシステムを踏襲した上下二連式となっている。
 スーパーポーズドは 1939年に第二次世界大戦の影響で一旦生産中止となったが、戦後すぐに復活を果たした。それから40年近く生産が続けられていったが、イタリアのベレッタ社やペラッツィ社などの他メーカーにシェアを奪われ、1986年に生産終了となった。しかし現在においても、その設計の多くは日本の銃器メーカー、ミロク製作所が製造するブローニング・シトリなどに引き継がれている。

Gun娘紹介

スーパーポーズドさま

名門ブローニング家の家長。シトリの母親で、ウィンチェスターM94は腹違いの妹。玩具から細菌兵器まで、あらゆる事業を手掛ける世界に名だたるコングロマリット『ハースタルコーポレーション』の会長兼CEO。いつもビジネスで世界中を忙しく飛び回っており、今日もどこかでトラブルの種を生み出している。


親族

友達

_________________________________

コメントを残す

be published.