ベレッタ AL391ウリカ

銃紹介

ベレッタAL391ウリカ

タイプ半自動式散弾銃(ガスオペレーション式)
メーカー ピエトロ・ベレッタ
製造年1999年 - 現行
中古相場12万円 ~
解説 ベレッタAL391は、1999年にイタリアの大手銃器メーカー、ピエトロ・ベレッタ社から発売された半自動式散弾銃である。前モデルであるA300など従来の半自動式散弾銃は、実包の火薬量が多いと反動が強くなりすぎるといった問題があった。そこでAL391では、火薬量が多い実包を使用した場合、自動的に余ガスを排出する機構を取り入れた。これによりAL391は、マグナム弾から弱装弾まで、どのような装弾でも発射できる、高い汎用性を持つ散弾銃として人気を集めた。
 AL391には初期型のウリカと後期型のテクニスの2種類があり、ウリカはAL390のクラッシックデザインを引き継いでいる。また、ウリカにはスタンダードモデルと、彫金が施されたゴールドモデルがあり、ゴールドモデルは金細工で鳥のデザインが施されている。2002年にはウリカの改良モデルとして、ウリカ2エクストリーマが発売された。
Gun娘ベレッタAL391ウリカ


あわせて読んでもらいたい記事

ベレッタA400
ベレッタAL391テクニスアイキャッチ
ベレッタAL300アイキャッチ
SKB800アイキャッチ


スポンサー広告