ベレッタ AL391ウリカ

銃紹介

ベレッタAL391ウリカ
タイプ半自動式散弾銃(ガスオペレーション式)
メーカーピエトロ・ベレッタ
製造年1999年 - 現行
中古相場12万円 ~
解説 ベレッタAL391は、1999年にイタリアの大手銃器メーカー、ピエトロ・ベレッタ社から発売された半自動式散弾銃である。前モデルであるA300など従来の半自動式散弾銃は、実包の火薬量が多いと反動が強くなりすぎるといった問題があった。そこでAL391では、火薬量が多い実包を使用した場合、自動的に余ガスを排出する機構を取り入れた。これによりAL391は、マグナム弾から弱装弾まで、どのような装弾でも発射できる、高い汎用性を持つ散弾銃として人気を集めた。
 AL391には初期型のウリカと後期型のテクニスの2種類があり、ウリカはAL390のクラッシックデザインを引き継いでいる。また、ウリカにはスタンダードモデルと、彫金が施されたゴールドモデルがあり、ゴールドモデルは金細工で鳥のデザインが施されている。2002年にはウリカの改良モデルとして、ウリカ2エクストリーマが発売された。

ピックアップ書籍

銃猟の教科書アイキャッチ

銃猟の教科書

銃猟は、空を飛ぶカモを散弾銃で撃ち落としたり、ライフル銃で獲物を狙撃するなど、まさに”王道”とも言える狩猟スタイルです。猟犬たちと共に、広大な猟場に飛び出しましょう!「詳しくはこちら」

ピックアップ書籍

初めてのクレー射撃アイキャッチ

はじめてのクレー射撃

青い空、轟く銃声、粉砕するクレー!クレー射撃はダイナミックで爽快感あふれるスポーツです。「でも、クレー射撃ってどうやって始めるの?」気になった方はこちらの書籍がオススメです。「詳しくはこちら」



『猟銃・空気銃名鑑』まとめに戻る

銃器一覧
 狩猟・射撃競技用として、実際に日本で所持できる散弾銃・ライフル銃(ハーフライフル銃)・エアライフルを紹介します。初めての銃選びの参考にしていただけましたら幸いです。 ...
続きを読む

あなたにオススメの記事

前の階層に戻る

ホーム » 猟銃・空気銃名鑑 » ベレッタ AL391ウリカ