狩猟のことをまったく知らない方でもOK!『はじめての狩猟』

初めての狩猟ロゴ


「狩猟ってなんだか面白そう・・・でも、何から始めたらいいかよくわかんない。」そのような人にオススメしたいのが、山と渓谷社より発売中の『はじめての狩猟』です。今回はその内容について簡単にご紹介します。

この本をオススメしたい人

  • 「狩猟ってどうやって始めたらいいの?」と思っている、狩猟のことをまったく知らない方。
  • 「仕事の合間に狩猟なんてできるのかな?」と思っている、サラリーマンの方。
  • 「ジビエに興味はあるけど、自分で狩猟を始めるのはちょっと」と思っている、女性の方。

チカト商会ECロゴ


”狩猟入門”までの流れを完全ガイド


  狩猟は 「山を飛び回り、獲物を捕らえ、その肉を食う!」と、日常では絶対に味わえない、ワイルドでスリリングな体験ができる、魅力あふれる世界です。
 しかし狩猟は、動物をしとめたり、銃やわなといった危険物を取り扱うため、始めるためには様々な試験や、面倒くさい手続きが必要です。


 そこで、この『はじめての狩猟』では、狩猟を始めるまでに必要なことを、図とイラストを使ってわかりやすく解説しています。さらに、狩猟を始めるために必要な費用や、狩猟業界の最新情報などのコラムも、多数掲載しています。

リアルハンター、9つのエピソードを実録


 『はじめての狩猟』では、実際に狩猟をされている9人のハンターのエピソードを紹介しています。ちまたにある他の狩猟本は、どうしても「俺の狩猟論!」になりがちですが、本書では『サラリーマンをしながらわな猟を楽しむ男性』や、『本業漫画家のハントレス(狩猟女子)』、『クラウドファンディングで110万円を集めたハンター集団』など、バライティ―にとんだハンターを取材しています。


 これらのエピソードは、狩猟入門前の人だけでなく、現役のハンターさんにも楽しんでいただけると思います。
 狩猟をしていると、どうしても世間が狭くなってしまうため、他のハンターがどのような活動をしているのかわかりません。そこで、この本で他のハンターさんのやっていることなどを、ご覧いただければと思います。

銃&わなの基本を解説


 『はじめての狩猟』では、銃(散弾銃・ライフル銃・エアライフル)と、わな(くくりわな、箱わな)について、写真とイラストでその仕組みを解説しています。

 さらにわな猟のページでは、近年発展がめざましいIoTを使った罠通知システムなどを紹介しています。「わな猟をしているけど、毎日見回りは正直辛いッ!」とお悩みの罠ハンターさんは、是非、このIoTアイテムを活用してみましょう!

専門家によるアニマルトラッキングの基礎を収録

 
 本書では、野生動物カメラマンとして著名な外川英樹さんとのコラボレーションにより、フィールドサインについて、詳しくご紹介しています。
フィールドサインとは、野生動物が残す足跡や糞、食跡、寝床といった形跡で、狩猟では、このフィールドサインをしっかりと読み解くことが、何よりも重要になります。
 一般的なフィールドサインの本は、どれも図鑑的なものばかりですが、本書では『狩猟に役立つ実践テクニック』という視点で、獲物の追跡に必要な知識を網羅しています。

おわりに

 今回は、チカト商会執筆・監修の『はじめての狩猟』についてご紹介しました。この本は、これから狩猟を始めようと思っている方に向けた一冊になっています。
 すでに狩猟をされている人にとっては、ちょっと物足りないかもしれませんが、ハンターの実録集については、ベテランの方にも楽しんでいただけるのではないかなと思います。


 『はじめての狩猟』は、チカト商会のECサイトでも取り扱っています。Amazonなどにはない購入者様特典なども用意しておりますので、是非、ご利用ください。



制作中アイコン2

チカト商会とは?

このページは構築中です。 ...
続きを読む
ブックインフォ

書籍紹介

 このページでは、チカト商会が制作・監修 ...
続きを読む
_________________________________