22プロフェットⅡアイキャッチ

『プロフェットⅡ』新興エアライフルメーカー・RTIアームズの最新作が日本上陸!

2022年9月22日 ARJの土屋さん 0

 2019年にアメリカアリゾナ州で開かれた50ヤードベンチレスト競技会。この大会に彗星のごとく現れ、驚異のスコアで優勝を果たした伝説を持つのがRTIアームズの『プロフェット』。そして、プロフェットが様々な改修を受けてさらにレベルアップを果た [続きを読む]

デイステートウルヴァリン2

デイステート ウルバリン2

2022年9月20日 東雲 輝之 0

銃紹介 機能紹介 スリングショットシステム   このエアライフルには、エアガンエンジニアのスティーブン・ハーバー氏考案による『スリングショットシステム』と呼ばれる射出機構が採用されています。 従来の方式(ノックオープンバルブ方式)では、バネ [続きを読む]

22ハンツマンリビアアイキャッチ

『ハンツマン・リビア』デイステートの名作エアライフル・ハンツマンが新世代改装!

2022年9月18日 ARJの土屋さん 0

 イギリスの老舗エアライフルメーカー・デイステート社のハンツマンは、往年のエアライフルファンであれば誰しもが認める名銃です。そのハンツマンが2021年に大幅リニューアルして登場したのが『ハンツマンリビア』です。エアレギュレータや新型マガジン [続きを読む]

エアライフルのデコッキング

【エアライフル初心者・要確認】プレチャージ式における『デコッキング』の必要性と行い方を解説

2021年10月20日 ARJの土屋さん 0

猟銃においては重要性の薄いデコッキングですが、プレチャージ式のエアライフルにおいては重要な動作になります。なぜならプレチャージ式は空ハジキによってシリンダー内の高圧空気が噴き出す危険性があるからです。 さらにエアライフルは装薬銃とは違い、装 [続きを読む]

プロフェットアイキャッチ

『RTIアームズ・プロフェット』銃身交換・レギュレータ付きの高精密ハイパワーエアライフル、ついに日本上陸!

2021年8月14日 ARJの土屋さん 0

プロフェットは、2019年にアメリカで開催されたEBR(エクストリームベンチレスト競技会)において、75ヤード部門で”歴代最高”の点数を獲得したPCPエアライフルです。一般的に高精密のエアライフルは、競技用にパワーなどがデチューンされていま [続きを読む]

高精度・高威力エアライフル

高精度 ? 高威力?エアライフルのカタログスペックの読み方を詳しく解説!

2020年11月13日 東雲 輝之 0

 狩猟を始めたいと思っている人の中には、エアライフルの購入を検討している方も多いはず。しかしエアライフルのことを色々調べていると、そこには見たことの無い数値や単位が並んでおり「一体これらの何を参考にして選べばよいのだろうか・・・」と困ってし [続きを読む]

エアライフルのレギュレータ

本当に必要?エアライフルの『レギュレータ』は短所もしっかりと理解しておこう!

2020年9月15日 ARJの土屋さん 0

 購入したいと思うエアライフルに「エアレギュレータ付き・無し」の2つがあり、どちらを購入しようか迷ったときは、ひとまず自信が思い描くハンティングスタイルを考えてみてください。 例えば、もしあなたがエアライフルを罠の止め刺しなどにしか使わない [続きを読む]

パララックスとは

エアライフル猟では超重要!『スコープの視差(パララックス)』を知ろう!

2020年7月28日 ARJの土屋さん 0

視差(パララックス)は、ピントが合っていない状態で照準器を覗き込むと、レティクルが標的の像とズレてしまう現象です。このズレが起きてしまうと、例えば標的をレティクルの中心に合わせて撃ったとしても、実際の照準と少しズレがでているため着弾点が外れ [続きを読む]