ベレッタ AL391テクニス

実銃紹介

ベレッタAL391テクニス

タイプ半自動式散弾銃(ガスオペレーション式)
メーカー ピエトロ・ベレッタ
製造年1999年 - 現行
中古相場16万円 ~
解説 ベレッタAL391は、1999年にイタリアの大手銃器メーカー、ピエトロ・ベレッタ社から発売された半自動式散弾銃である。1998年に発売されたA300シリーズの最終モデル、AL390の設計を踏襲し、銃床のスリム化や機関部のアルミ合金化、部品数の削減などの改良によって、大幅な軽量化に成功している。
 AL391には初期型のウリカと後期型のテクニスの2種類があり、テクニスには特殊表面仕上げと繊細な彫金が施されている。テクニスにはさらに、銃床に木目のプリントを施したスタンダードモデルと、高級ウォールナッツ木材を使用したゴールドモデルがあり、ゴールドモデルには機関部から銃床にかけて涙型に伸びるデザインが施されている。

Gun娘紹介

AL391テクニス

ベレッタファミリーの二女。ウリカは双子の妹。スポーツ万能で友達も多く、妹のウリカとユニコをとても大事に思っている。しかしやや偏執的でシスコン気味である。「炭酸水は炭酸を抜いてから飲む」や「魚とチーズは一緒に食べてはいけない」などの、よくわからないマイルールを持っている。


親族

友達

_________________________________