カーニバー135

¥120,000
carnivore135

『肉食獣(Carnivore)』の意味を持つこのエアライフルは7.62mm(30口径)という大口径を有するビックボア・スプリングピストン式エアライフルです。単発装填式という制約がありますが、シンプルな構造ゆえ精密性が高く、操作性、耐故障性にも優れており、さらに平均的なスプリング式にくらべて、3倍以上も高いパワーを持っています。ただし初速が遅いため遠距離射撃においてはドロップ(落下量)が大きく、ゼロインの調整は難しくなります。
 最近ではそのパワーを見込んで、罠にかかった大型獣(イノシシやシカ)の止め刺しとしての利用も増えてきています。

カタログスペック

メーカー ハッサンアームズ
タイプ スプリングピストン式  
アクション ブレイクバレル
弾倉タイプ 単発式
口径 7.62mm
全長 1200 mm
銃身長 270 mm
重量 4.35 kg
マズルエネルギー 33 ft.lb
初速 170 m/s
定価(税別)
¥120,000

 

機能紹介

 

解説

 

モニターレビュー

このエアライフルに関する、 国内レビュー   と、 海外レビュー   をご紹介します。

国内レビュー

海外レビュー

40mであれば、小鹿を仕留められる威力
 このエアライフルは、パワーがあってエキサイティングだ!
25m以内の小鹿なら十分に仕留められる。
猪であれば、耳の後ろに命中させれば、ノックダウンだ!
 ペレットはH&Nのホロ―ポイントを使った。
25m程度であれば、狙ったところにしっかりと当たってくれるが、45mを超えると15㎝ほどドロップする。
しかしまぁ、スコープのゼロインを調整しておけば、クリーンキルを狙えるだろう。
 気になる点で言えば、”重たい”の一言だ。
もしもスリングを忘れて猟場に行ったら、その日一日ブルーな気持ちで一杯になるだろう。
この銃には問題点が山のようにある
 このカーニバーには問題点が沢山あります。
まずアメリカで手に入るのは、VERTEX社のガスピストンではなく、アメリカ製のガスラムに換装されたものです(※)。
この作業が雑なのか、ピストンのメインシールが破損しており、発射時のエアを無駄にします。
さらにシーリングはリングタイプを使っており、これがストロークの終わりに本体を叩いて、照準にブレが生じます。
(※編集注釈:日本国内で流通しているのは、イタリアVERTEX社のガスピストンを使用しています。)

また、ストックが長すぎるのでスコープとの距離が遠くなります。
アイレリーフが近いスコープを使っている場合は、非常に構えにくくなります。
その他、銃身が短いので、コッキングするのにすごく力を入れなければならない点も気になります。
それとQuattroトリガーは、私にとって柔らかすぎるので、自分なりの改良を施しました。

 実をいうと私はハンターではなく、エンジニアをやっている者です。
いじってみると面白い銃なので、なんだかんだ楽しみながら改良しています。

適用される特典

この商品には、以下の特典が適用されます。

割引特典

現金一括

保証特典

修理保証

追加特典

  送料無料 affiliate

とりあえず見積もりをとってみる

はじめてご利用のお客様へ

かんたんお見積り

カーニバー135のお見積りはこちらから

似たエアライフルをチェックする