マズルエネルギー

マズルエネルギー(Mazzle energy

マズルエネルギー

 マズルエネルギーは、銃口から発射される直後に弾頭が持っている物理エネルギーです。この値は使用するペレットの重量と、スピードメーターで観測された初速から換算され、値が大きければ大きいほど命中したさいに標的に与えるダメージ(ストッピングパワー)が高くなります。

マズルエネルギーの単位

 銃関連におけるエネルギーの値は通常「ジュール(J)」という単位が用いられ、『エネルギーE(J)  = 弾の重量(g)× 弾速(m/s)× 弾速(m/s)÷2000』という計算式で求められます。しかしエアライフルは文化的にイギリスと密接にかかわってきたため、慣習的にペレットの「重量(g)」→「 ポンド(lbs)」、「弾速(m/s)」→「フィート毎秒(ft/s)」に置き換えたフィートポンド(ft·lb)という単位が用いられます。
ジュールとフィートポンドを換算する場合は、1[J] = 0.737[ft·lb]、または1[ft·lb] = 1.36[J]で変換ができます。

マズルエネルギーの大きさ

 マズルエネルギーは、エアライフルから射出できる空気圧と使用するペレットの重さによって変わってくるため、必ずしもカタログスペックに乗っている値が正確なエネルギーを指しているわけではありません。また、狩猟の場合は弾が獲物のどこに命中するかで捕獲の成否が決まるため、必ずしもマズルエネルギーの高いエアライフルが狩猟に有利と言うわけではないことに注意しましょう。
 ちなみに、無許可で所持できるソフトエアガンのマズルエネルギーは「3.5 [J/㎤] ≒ 2.6 [ft·lb]」以下と決められています。一般的な狩猟用エアライフルのマズルエネルギーが20 ~ 30 [ft·lb]であることを考えると、エアライフルはオモチャのソフトエアガンの10倍以上の威力を持っていると言えます。

マズルエネルギーの大きさ

 プレチャージ機構エアライフルには、1回のエアチャージで何発のペレットを発射できるかという「フィル毎ショット(F/S)」という指標があり、カタログスペックでは「理論上何発まで発射が可能か」が示されています。この値が大きいほど何度もエアを注入しなくても良くなりますが、必然的にエアシリンダーの容量が大きくなるため銃が重くなります。
 なお、カタログスペックに表記されているF/Sは、必ずしも精密性を補償した値では無いことに注意しましょう。プレチャージ機構エアライフルには、射出するペレットと最も相性が良い”おいしい圧力帯”が存在します。そのため実際のエアライフルハンティングでは、「1回のチャージで何発発射できるか?」よりも、「1回のチャージで”おいしい圧力帯”での射撃が何発可能か?」をあらかじめ試射でチェックしておきましょう。

エアライフル用語集

エアライフル用語集