レッドウルフ

¥700,000

 イギリスの老舗エアライフルメーカー・デイステート社が送り出すこのレッドウルフは、次世代の「ハイテクエアライフル」といえる存在です。レッドウルフの大きな特徴は、マイクロプロセッサとソレノイド式エアバルブにより、射出機構をデジタル制御している点です。これにより、ハイパワーエアライフルでありながらも、競技銃に匹敵する精密性と持続力を持っており、あらゆる状況に置いて最強クラスのパフォーマンスを発揮します。

カタログスペック

モデル

レッドウルフ HiLight HP

メーカー デイステート
タイプ プレチャージ式
コッキング方式 サイドレバー・ガンコントロールユニット
弾倉タイプ

丸型脱着式 5連装
シングルショットトレー (単発)

口径

6.35mm

全長 1140 mm
銃身長

600 mm

重量 3.80 kg
マズルエネルギー(S/F)

50  ft/lb (75発)

シリンダー容量 480 cc
トリガーシステム

電子制御トリガー(HTU)

銃床形状

キャロ型グリップ

銃床素材

ラミネート加工ウォールナット

照準器マウントベース 11mmドブテールレール
水準器搭載
エアレギュレータ  MCT 
銃身 シュラウドバレル
ロングシュラウドへの改造可
定価(税別)

¥700,000


機能紹介

ガンコントロールユニット・MCT

 デイステート社が開発したガンコントロールユニットは、高度なマイクロプロセッサとソレノイド式エアバルブなどによりデジタル制御する機構です。これにより、従来のアナログ装置では成しえない超高精度な空気圧操作が可能となり、発射サイクルの高速化や、残圧のデジタル表示、より安全性を向上させたセーフティシステムなどが実現されています。
 また、このガンコントロールユニットには、Map Compensated Technology (MCT)と呼ばれる独自の空気圧制御プログラムが施されており、射出圧を一定化するデジタルレギュレータとしての機能も盛り込まれています。

 

電子制御トリガー(HTU)

 レッドウルフには、Hybrid Trigger Unit(HTU)と呼ばれる、電子制御トリガーが採用されています。このトリガーシステムは、引き金とシアーの間に9Vのバッテリーで駆動するソレノイドスイッチが組み込まれており、電磁的な働きでシアーを瞬時に解放することができます。引き金の重さは従来通りに調整が可能なので、機械的トリガーの調整機能と、電子制御トリガーの「パリッ」とした引き気味を、上手くハイブリッドさせた業界初の試みになっています。

その他の機能

モニターレビュー

このエアライフルに関する、 国内レビュー   と、 海外レビュー   をご紹介します。

国内レビュー

皆様のレビューをお待ちしております。

海外レビュー

引き金はマウスの「クリック」
 このレッドウルフに、2,000ポンド(約26万5,000円)もの金額をはらう価値はあるのか?
もし、人からそう尋ねられたら、私は間違いなく「その価値はある」と答えるだろう。
まず目を引くのは、鮮やかな赤と灰色の光沢が「炎」のようにも見える、美しいラミネート加工だ。
サイドレバーのコッキングメカニズムは、私が所持しているデイステート社製「MK4」のリアボルトの大幅改善だと思う。
レバー自体はリバーシブルで、マガジンもピンを切り替えることで、左右どちらからでも挿入できる。
射出機構はすべてデジタル管理されており、その性能は欠点を探すのが不可能なほどだ。

一番気に入っている点は、電子制御トリガーだ。
この電気的なスイッチングで制御されたトリガーは、まるで「マウスをクリック」する感覚で引き金が引けるので、正確な射撃が実現できる。
実を言うと、10年以上前に初めてこのトリガーに触れたときは、かなり違和感を感じていた。
しかし、すぐにその感触には慣れ、逆にラブリーに感じるようになった。

私はまだ、所有しているMK4で満足しているので、新しいエアライフルにはあまり興味が無かった。
だけど今回、実際にレッドウルフの射撃を体験して、「そろそろ貯金を始めるべきなのかもしれない」という思いが浮かんできた。

必要とする人には決して損をさせない『究極』のエアライフル
 「電子制御式の銃は信用できないのではないか?」と思う人は多いでしょう。
確かに、私も以前、電子制御が入ったエアライフルを持っていましたが、猟場に付いたところでバッテリー切れに気が付いたりと、色々と問題がありました。
「そんなの気を付ければいいだろ!?」という感想はごもっともですが、「エアの充填し忘れ」や「マガジンを持ってくるのを忘れた」と同じように、ヒューマンエラーは必ず起こるものです。

 さて、そんな私ですが、先日、レッドウルフのテストを依頼されたので、試射をしてきました。
つい最近にデイステート社のパルサーを触ったことがあったので、その性能に驚きはしませんでしたが、私はブルパップはあまり好みではないので、このレッドウルフの方が好みに感じられました。

 この銃の肝となるのは、ハンマーを駆動するスチールスプリングの代わりに、電磁石を利用している点でしょう。
この電磁石を用いれば、バネで問題となる反動や振動などを除去できるため、精度の良い射撃が可能になります。
また、トリガーはハンマーと機械的に接続されておらず、実質「電子回路のスイッチ」と同じ扱いであるため、トリガーの重さは事実上❝無限段階❞に変更することが可能です。

 もう一つ、電子制御によって面白いのは、サイドレバーのアクションが非常に軽いことです。
普通のレバーアクションは、ハンマースプリングをコッキングするために力が必要ですが、レッドウルフのレバーはスイッチの役割しかないので、連射の動きをスムーズにできます。

 私は試射を終えて腰を下ろし、この2,000ポンドもする銃についてあれこれ考えましたが、やはり金額に見合う魅力的な銃だと結論を付けました。
もちろん「万人に必要な銃」というわけではありませんが、必要とする人には必ず満足ができる「究極のエアライフル」だと思います。

適用される特典

この商品には、以下の特典が適用されます。

割引特典

ARJ特価 現金一括

保証特典

追加特典

送料無料 affiliate

見積もりをとってみる

かんたんお見積り

 

お見積りのお問い合わせは
こちらから 

 

LINEでお問い合わせ