ヘラクレス

¥345,000
ヘラクレスメイン

 ギリシャ神話でオリンポス神の中でも”最強”の名を冠するヘラクレスは、その名の通り最強のパワーと精密性を有するエアライフルです。
パワーの源泉は前後に配置された二つのエアシリンダーで、特殊なメカニズムによってハイパワーの射撃を実現しています。カモやキジなどの大型鳥ハンティングはもちろん、罠猟におけるイノシシの止め刺しや、シカの忍び猟もこなせるマグナムエアライフルです。
 ヘラクレスは分離型ピストルグリップのノーマルモデルと、ブルパップスタイルのヘラクレスバリィの2種類があります。また口径は、5.5mm、6.35mmに加えて、7.62mm(30口径)の大口径モデルをお選びいただけます。

カタログスペック

モデル ヘラクレス ヘラクレスバリィ
メーカー ハッサンアームズ
タイプ プレチャージ式
弾倉タイプ 丸型脱着式 5連装
コッキング方式 サイドレバー
口径 5.5mm
6.35mm
7.62mm
シリンダー容量 1000 cc 500 cc
全長 1230 mm 920 mm
銃身長 585 mm
重量 5.9 kg 4.65 kg
マズルエネルギー (5.5mm) 49 ft.lb
(6.35mm) 64 ft.lb
(7.62mm) 97 ft.lb
(5.5mm) 60 ft.lb
(6.35mm) 75 ft.lb
(7.62mm) 115 ft.lb
初速 (5.5mm) 375 m/s
(6.35mm) 365 m/s
(7.62mm) 300 m/s
(5.5mm) 396 m/s
(6.35mm) 365 m/s
(7.62mm) 326 m/s
トリガーシステム クアトロトリガー
銃床形状 分離型ピストルグリップ ブルパップ
銃床素材
シンセティック
照準器マウントベース 11mmドブテールレール
(20mmウィバーレール兼用)
アクセサリーマウント
20mmピカティニー
銃身 シュラウドバレル
定価(税別)
¥345,000 ¥300,000

 ヘラクレスはデュアルシリンダー1000㏄と大容量なので、ハンドポンプでの充填は大変困難です。エアチャージャーにはハンドポンプのご利用をオススメします。

 
モデルバリエーション

ヘラクレスバリィ

ヘラクレスバリィ
ブルパップ・軽量化モデル

機能紹介

※プレイヤーの下『字幕』をクリック。次に『設定』→『字幕』→『自動翻訳』→『日本語』から、簡易日本語字幕表示ができます。

クアトロトリガー

クアトロトリガーD

 Quattro Trigger(クアトロトリガー)は、ハッサンアームズ社が独自開発した感度調整機能付きトリガーです。
引き金には3つのネジが付いており、付属の工具で簡単にトリガーの調整ができます。
アジャスター#1:引き金とシアーの噛み合わせの深さ(引き金の遊びの長さ)を調整。
アジャスター#2:シアーが外れる寸前に引き金が重くなる「セカンドステージ」までの距離を調整。
アジャスター#3:引き金を引いて落ちるまでの重さ「トリガープル」を調整。
 ※トリガープルは軽くしすぎると暴発の危険性が高くなるので注意してください。

その他の機能

モニターレビュー

このエアライフルに関する、 国内レビュー   と、 海外レビュー   をご紹介します。

国内レビュー

皆様のレビューを募集してます。

海外レビュー

幅広い目的に1丁で対応したい人にオススメ
 

.30口径のレビュー。このライフルは非常に命中精度が高いと思う。
本日、箱から出して 25, 50 、75mで試射した。
ちょっとラフな作りにおもえるが、他の人のレビューにあるようにかなり命中精度はかなり高かった。
25mでは着弾点はほぼ同じで弾痕が重なり合う。
50mで適当なカバンの上に置いて使っても3cmのグルーピング。
もっとしっかりとしたベンチレスト、そしてまともな腕前のシューターを使えば結果はさらに良いだろう。
 75mでは50mの弾痕の10cmほど下に集弾したが、グルーピングは問題なし。
今回テストに使用した弾(44. Jsb)をつかえば、75m-100mの距離での狩猟は問題ないだろう。
使用したスコープは安物3x9スコープなので、今度はこの銃に見合う精度のスコープを買うつもりだ。

 ただし、この銃は非常に重い。もっと軽量化されると嬉しい。
さらに実用にはまったく問題はないが、FX やDaystateに比べると作りが少し荒っぽくみえる(そもそも価格帯が違うので比較対象にしてはいけないと思うが)。
そして、この30口径の発射音は大きく燃費が悪い。
購入してからこの巨大タンクの意味がわかった。
250barを1000ccチャージすると、おいしいところは40発位か。
ハンドポンプでのエアチャージは辛すぎるので、スキューバタンクは絶対に必要だ。
幅広い目的にこれ1丁で対応したい人にはおすすめだ。

 ウサギ、アライグマ、コヨーテなどの小さい獲物から、シカまで対応できると思う。
小さい標的を狙える正確さを持ちながら、大きな獲物を倒せるパワーがあるからだ。
私はベンジャミンのブルドッグ、ローグなどの大口径エアライフルを試したことがあるが、パワーはあるが正確さでは劣るため、小さいターゲットには不向き。

スーパーヘビー級エアライフル
 

heavy air rifle 「重エアライフル」とでも呼ぼうか。
そして、このヘビー級エアライフルの実際の重量もかなりヘビーだ。
この銃にはアイアンサイトがないので、スコープなどの照準器を付けなければならず、そうすると重量はかなりのものになる。
あなたがランボーでないなら重機関銃と同じでバイポッドは必須だ。
このモンスターを片手で扱えるようなやつはザラにいないだろうが、もしいたとしたら最強のエアライフルハンターだ(そもそもライフルは片手で撃つものではないが)。
トリガーも重い気がする、少し調整が必要かもしれない。

 でも、私はこいつを気に入っている。
狩猟をしようという者(男でも女でも)が「銃が重くてやんなっちゃう」とか言うな、と言いたい。
若い女の子がハンドバッグに入れるスマホじゃないんだから。
たくさん撃てる。38-40発位がとても良い。私の使った弾ではJSB が1番良い結果が出た。
70メートルで約1cmに集弾。 そして、この距離でも1/2インチ厚の合板に穴があくのだから大したもんだ。

 この銃は同じハッサンのBT65などとは違い発射音が大きい。
もちろん装薬銃とは比べ物にならないが自転車のタイヤが破裂したくらいの音に感じる。
隣家が近いなら庭で撃つには近所迷惑だろう。
ただ、他の大口径銃に比べるとこのエアライフルは、かなり静か。
タンクが大きいこともあってたくさん撃てる。
総合的に考えると、これは素晴らしい銃で、これを選んでよかった。
ヘラクレスほど持っていて誇りを感じさせる銃は他にはないと思う。

デチューンで107発のショットカウントを実現
 購入したヘラクレスバリィは、強力で精密、シンプルな弾倉な造りなので、少し身長が高めの特殊ペレットでも問題なく発射できます。
設計自体はシンプルなので信頼性が高く、メンテナンスが簡単だという点も評価ポイントです。
 ただ、この銃は重いので、森や野原を歩いて狩猟するのはかなりきついです。
いちおう、射撃をするときはモノポール(※)を使っているので、狙いだけは正確です。
(※編集注釈:銃を支える杖のような道具。足が2本の物はバイポッド、3本の物はトライポッドと呼ばれます。)

 私はもともとこのヘラクレスバリィを、パワーとショットカウント(1回のエアチャージで正確な弾を撃ち出せる回数)が魅力的だったので選びました。
なので初めは28グレインの重めのペレットを使って、高い空気圧で試射をしていたんですが、ショットカウントがあまり良くありませんでした。
そこでAltaros社のレギュレーターを取り付けて130気圧まで発射圧を調整し、さらにハンマースプリングを調整してH&Nの16グレイン弾で試射をしてみました。
するとこのチューニングがバッチリ決まり、平均速度280m/sで107発のショットカウントを記録することができました。
精密性も50mでワンホールなので、裏庭に出る害獣駆除用に重宝してます。

適用される特典

この商品には、以下の特典が適用されます。

割引特典

ARJ特価 現金一括

保証特典

修理保証

追加特典

  送料無料 affiliate 予備マガジン

見積もりをとってみる

かんたんお見積り

 

お見積りのお問い合わせは
こちらから 

 

LINEでお問い合わせ