バレージウッド

¥302,400

 

barragewood
 

 英語で「弾幕」の意味を持つバラージは、近年人気が急上昇しているセミオートマチック式エアライフルです。ボルト操作をしなくても引き金を引くたびに弾が発射されるため、照準をつけたまま精密な射撃を行うことができます。特にキジのような射撃音にひるむターゲットには絶大な効果を発揮します。
 バレージにはシンセティックのノーマルモデル(Barrage)と、ストックにトルコクルミを使用したウッドモデル(Barrage-W)があります。また口径は5.5mmに加え、精密性に優れた4.5mm(17口径)をお選びいただけます。

カタログスペック

モデル バレージ バレージウッド
メーカー ハッサンアームズ
タイプ プレチャージ式
アクション
セミオート
弾倉タイプ 丸型脱着式 5連装
口径 4.5mm
5.5mm
シリンダー容量
500 ㏄
全長 1040 mm 1035mm
銃身長 500 mm
重量 4.6 kg
マズルエネルギー (4.5mm) 21 ft.lb
(5.5mm) 31 ft.lb
初速 (4.5mm) 320 m/s
(5.5mm) 295 m/s
トリガーシステム
クアトロトリガー
銃床形状 分離型ピストルグリップ
銃床素材
シンセティック
照準器マウントベース 11mmドブテールレール
(20mmウィバーレール兼用)
標準装備照準器 TRUGLOR Gobble-Dotサイト
アクセサリーマウント
20mmピカティニー
定価(税別)
¥250,000 ¥302,400

 

モデルバリエーション

バレージ

バレージ
シンセティックモデル

機能紹介

※プレイヤーの下『字幕』をクリック。次に『設定』→『字幕』→『自動翻訳』→『日本語』から、簡易日本語字幕表示ができます。

 

クアトロトリガー

クアトロトリガーD

 Quattro Trigger(クアトロトリガー)は、ハッサンアームズ社が独自開発した感度調整機能付きトリガーです。
引き金には3つのネジが付いており、付属の工具で簡単にトリガーの調整ができます。
アジャスター#1:引き金とシアーの噛み合わせの深さ(引き金の遊びの長さ)を調整。
アジャスター#2:シアーが外れる寸前に引き金が重くなる「セカンドステージ」までの距離を調整。
アジャスター#3:引き金を引いて落ちるまでの重さ「トリガープル」を調整。
 ※トリガープルは軽くしすぎると暴発の危険性が高くなるので注意してください。

アイアンサイト標準装備

Troglo照準器フロントサイトリアサイト

   このエアライフルには、トルグロ社製のアイアンサイトが標準装備されています。
リアサイト(照門)には0.9mmグリーンオプティカルチューブが2本配置されており、フロントサイト(照星)には1.52mmレッドオプティカルチューブが配置されています。
照準を付けるときは、2つの緑色のチューブの間に赤いチューブが来るようにして構えます。
アイアンサイトは取り外さなくても、スコープなどの照準器を別途取り付けることができます。

その他の機能

モニターレビュー

このエアライフルに関する、 国内レビュー   と、 海外レビュー   をご紹介します。国内レビュー皆様からのレビューをお待ちしております。

海外レビュー

楽しいけどホンモノ、な銃
 最初はマガジンの回転が固く回転不良もありましたが、撃ち込むうちに改善されてきました。
トリガーがやや重く、他のハッサンの銃のように調整できないのが不満ですが、高速で速射しなければ大丈夫でしょう。
私が持っている他のPCPに比べても遜色ない命中精度で、25mで何度トリガーを引いても同じ弾痕に命中します。
他のハッサン製品に比べると、発射音が大きい気はします。

いいところ:エアライフルのセミオートにしては、よく回転する。
命中精度が高い。
弱点:銃が重いし、トリガーも重い。
大人にはいいのですが、子供に与えるのには向かないかもしれません。

バシバシ撃てる爽快感
命中精度が高くて、体格に合わせてストックを調節できるのがいいですね。重量は重く感じました。
気圧ゲージ内蔵の)ハッサン純正ポンプでないと、この銃の構造上、
気圧ゲージが空気充填中には分かりにくい。
あと空気充填口に防塵カバーが無いので、あったら良かったなと思います。
たまに回転不良がありますが、そういうときは、普通のエアライフルのように手動でボルト操作して装填できます。
タンクがでかいのでたくさん撃てるので楽しいです。消費する空気量が多いのでスキューバタンクがあったほうがいいと思います。
スコープなしでもなかなか正確です。
100mだと5-10ノッチほどドロップがあるが、セミオートでも小さいグルーピングでヒットするので満足しています。

ペレットとの相性が悪いと回転不良を起こしやすい
 このバレージは精密性に優れたエアライフルです。
スコープをマウントするレールが、ドブテールとウィバーレール(※)の両方取り付けられるのも良いです。
(※編集注釈:マウントレールの企画の一つ。22mm幅のマウントが使用できます。)

ただしこの銃には問題が2つあります。
一つ目は重量です。
スコープも付けていないのに4.5kgもあるのは、重すぎる!
これについてはもはやどうすることもできません。
二つ目は、割と頻繁に回転不良を起こすことです。
1弾倉(※海外では12発)に2、3回は連続発射できずに詰まります。
一応、ボルト操作をしてペレットを手動で送り出すことはできますが、それではセミオートである楽しさがありません!
これさえ治ればとても良い銃なので、ハッサンのカスタマーセンターに改良の要望書を送っておきました。
 ペレットを選択することで、回転不良を抑えることができるかもしれません。
今、私が使用しているJSBジャンボヘビー(18.13gr)のペレットは、回転不良も少なくなく、なかなか気に入っています。
 
 最後にもう一つ、スコープを取り付けるときは、弾倉と干渉する場合があるので、ハイマウントリングを噛ませるようにしてください。

適用される特典

この商品には、以下の特典が適用されます。

割引特典

ARJ特価   現金一括

保証特典

修理保証

追加特典

  送料無料 affiliate 替えマガジン

見積もりをとってみる

かんたんお見積り

 

お見積りのお問い合わせは
こちらから 

 

LINEでお問い合わせ